キャリコネが保有する求人の職種や業種の傾向を徹底解説!【口コミ転職情報サイト】

キャリコネ

キャリコネは、実際に働いている人や働いていた人の企業に対しての口コミや評判、面接対策などの情報を見ることができる転職希望者必見の情報サイトです。

現役で働いている人の口コミなどを見ることができるというのは、転職活動でも応募するべきかの判断に使うことができるうえに、年収や面接対策まで行えるということで、多くの方から支持されています。

 

また、口コミサイトという一面を持ちながらも、さらに転職サイトとして利用することも可能!

求人も20万件以上も取り扱っているうえに、職種や業種も豊富に取り揃えているので口コミを見ながら転職活動が同時にできるのが特徴です。

 

ですが、得意なジャンルもあれば苦手なジャンルもあるというのはどこの転職サイトも同じことですよね。

そこで今回は、キャリコネが保有する求人の職種や業種の傾向について詳しく解説していきます。

これから転職活動や就活を始められるという方も、利用は無料ですので是非最後までご覧ください。

 

 

キャリコネの求人の「職種」について

まずは、キャリコネが保有している求人の「職種」はどんなものがあるのかをチェックしていきましょう。

営業、事務、企画系

●営業 ●コールセンター ●マーケティング
●物流、●購買 ●経営企画 ●会計・経理
●人事・総務 ●事務 ●管理職

クリエイティブ系

●クリエイティブ・デザイナー ●編集 ●映像
●Webデザイナー・Webディレクター
●ゲームデザイナー・ゲームディレクター
●アパレル・プロダクトデザイナー

技術系(ソフトウェア、ネットワーク)

●ITコンサルタント ●ITエンジニア・PM
●汎用機・メインフレーム ●制御・組み込み系
●ソフトウェア開発 ●ネットワークエンジニア ●通信エンジニア
●ITサポート ●情報システム・社内SE ●R&D・研究開発

技術系(電気、電子、機械)

●回路設計 ●半導体設計 ●制御設計 ●機械設計
●光学技術 ●電気・電子・機械の生産技術
●電気・電子・機械の品質・生産管理
●セールスエンジニア・FAE ●サービスエンジニア
●電気・電子・機械研究

サービス、販売系

●販売員 ●美容師・エスティシャン
●旅行・ホテルスタッフ ●警備員・清掃スタッフ

技術系(素材、食品、メディカル)

●素材・半導体製造 ●化粧品・食品製造
●製薬臨床・研究 ●医療機器開発専門職
●看護師・薬剤師

専門職系(コンサルタント、金融、不動産)

●コンサルタント ●会計士・弁護士
●金融営業・FP ●不動産鑑定士・不動産管理

技術系(建築・土木)

●建築設計・測量 ●施工管理 ●建築士

その他(教師、公務員など)

●教師・インストラクター ●公務員
●技能工・メカニック ●農林水産

キャリコネでは、このように職種といってもかなり細かい分類から探すことができます。

では、ここからはどの職種の求人が多い・少ないのかについても見ていきましょう。

※求人数は、利用するタイミングや景気などで変動する可能性がありますのでご了承ください。

 

とくに多い職種はこちら

キャリコネの求人は全体的にそれなりの求人数があるのですが、その中でもとくに多かったのは「サービス・販売」系の職種になります。

これだけで、記事作成時には全体の2~3割ほどの求人数を占めているほどでした。

 

転職サイトといえば「営業」が強いイメージもありますあ、キャリコネではまさかのサービス&接客系の求人が多いということで、この職種で転職を希望している人にはとくにおすすめです。

 

営業や事務も豊富にある

サービスや販売以外でも求人数が多く感じたのは、「営業、事務、企画系」のお仕事です。

やはり、転職サイトではどこも営業系の職種が多い傾向にありますので、キャリコネも例外ではありませんでした。

 

営業というのは、どんな企業であっても必要な人材になりますので、求人が多い傾向になるのは仕方がありませんからね。

逆に言えば、同じ業界での転職も行いやすいということですので、うまく活用していきましょう。

 

求人が少ない職種は?

では、求人が少ない職種となると何があるのかというと、「専門職や建築・土木の技術系」になります。

これらの求人は他のジャンルと比べると少し少なくなっているので、ここを目的に登録すると「求人が少ない…」と感じる可能性もあります。

 

とは言え、キャリコネは、全体的にバランスよく求人を保有していますので、職種についてはとても使い勝手の良い転職サイトと判断することができます。

 

キャリコネ求人の「業種」について

次は、どんな業種の求人を保有していてどんな傾向にあるのかをチェックしていきましょう。

IT・通信系

●ソフトウェア ●通信 ●インターネット

メーカー系(電気・電子・機械系)

●電機 ●通信機器・OA機器 ●半導体・電子部品
●家電 ●精密機器 ●重電 ●機械 ●自動車
●医療機器 ●プラント・設備

メーカー系(素材・医薬品他)

●化学 ●鉄鋼・金属 ●住宅・建材 ●繊維
●医薬品・化粧品 ●食料品 ●紙・パルプ
●ファッション・アパレル ●インテリア

商社系(電気・電子・機械系)

●通信機器・OA機器商社 ●半導体・電子部品商社
●家電商社 ●精密機器商社 ●重電商社 ●機械商社
●自動車商社 ●医療機器商社

商社系(総合商社・素材・医薬品他)

●総合商社 ●化学商社 ●鉄鋼・金属商社
●住宅・建材商社 ●繊維商社 ●医薬品・化粧品商社
●食料品商社 ●紙・パルプ商社
●ファッション・アパレル商社 ●インテリア商社

流通・小売系

●自動車ディーラー ●小売 ●スポーツ用品
●呉服・寝装品 ●スーパー・コンビニ ●量販店
●百貨店 ●音楽・書籍 ●ドラッグストア
●ホームセンター ●ガソリンスタンド ●運輸・倉庫

サービス系

●人材紹介・人材派遣 ●ホテル・旅行 ●レジャー・アミューズメント
●フードサービス ●警備・メンテナンス・清掃
●理容・美容・エステ ●医療・福祉

専門コンサル系

●戦略コンサルティング

マスコミ系

●ゲーム ●放送・出版 ●広告 ●印刷

金融・保険系

●銀行 ●信託銀行 ●信用金庫 ●証券 ●投資信託
●生命保険 ●損害保険 ●クレジット
●リース・レンタル ●商品取引 ●消費者金融 ●政府系金融

不動産・建設系

●建築・土木 ●不動産 ●プラント・設備

その他

●教育 ●電力・ガス・水道 ●官公庁 ●農業

キャリコネでは、業種についてもこのように豊富に取り扱っているのがわかります。

全業界にも対応しているほどの豊富な求人ですが、ここからは求人数が多い・少ない業種についてチェックしていきましょう。

 

一番多い業種はこちら

キャリコネで最も求人数が多い業種は、「IT/通信」系のお仕事です。

これだけで全体の求人の2~3割を占めているほどです。

近年はIT社会ということで急成長をしている業界でもありますので、それに追随するように求人数も増えているので、この業界で転職を考えている人の利用にはとくにおすすめです。

 

メーカーやサービスも得意!

IT/通信以外に豊富な求人となると、電機や電子のメーカーやサービス業界のお仕事になります。

この業界も、職種で見た販売員やサービス、営業系の職種と関連性がとても強いですから、自然と求人数も豊富にあるということになります。

 

求人が少ない業種は?

では、求人数が少ない業種となると何があるのかも見てみましょう。

それは「商社や小売、金融」などの業界のお仕事です。

 

これらの業種は、専門的な知識や資格を必要とする傾向が強いですから、未経験者の応募ができない可能性も高いので、どうしてもこのような転職サイトへの求人も少なくなってしまうものです。

とは言え、まったくないということはなく、それなりの求人数があるというのもキャリコネの強みの1つですので、登録して損はありませんよ。

 

 

キャリコネの基本情報

●運営会社:株式会社グローバルウェイ

●年齢制限:記載なし

●対象地域:全国47都道府県

●利用料 :無料

キャリコネは、口コミ情報サイトとしてはとても人気がありますが、転職サイトとしても使えるというのはあまり知られていません。

 

ですが、今回ご紹介してきたように、47都道府県に対応しているうえに様々な職種や業種にも対応している使い勝手の良いサービスです。

しかも、気になった企業は口コミも見ながら応募することもできますし、面接対策なども行うことができるというのはとても便利ですよね。

登録から口コミの閲覧、求人への応募とすべて無料で利用することができます。

 

【関連記事】

>>キャリコネとは?特徴や強みを徹底解説!

>>キャリコネの安全性や危険性・評判

 

まとめ

いかがでしたか?

キャリコネは、企業の年収や口コミ・評判から、面接対策や現場の雰囲気など、リアルな現場の声を見ることができる情報サイトです。

さらに、求人も20万件以上取り扱っているので、転職サイトとしても利用することができます。

 

求人を見るときには、今回紹介してきたように、職種や業種も細かく分けられているので、あなたがの希望がまとまっていれば、すぐに検索をして最新の情報を見ることもできます。

気になった企業を見つけたら、口コミを見たうえで応募するかの判断をすることもできるので、入社した後に「思っていたのと違う」というようなミスも減らしてくれることでしょう。

 

ぜひ、あなたもキャリコネを賢く使いながら情報収集したり、求人への応募にお役立てください。

 

こちらからキャリコネに無料登録できます