仕事探しをするときに大切な心構え

仕事探しの基礎知識

これから仕事探し転職バイトを探してみよう!という方もいることでしょう。

正社員でも派遣社員でも、アルバイトでも共通していることは、働いてお金を稼ぐということですとね。

働いてお金を稼ぐ以上は、世の中の常識や社会人として大切な心構えを持っていることはとても重要になります。

働きだしたら、「今までニートだったから」「正社員は初めてだから」などの言い分は全く通用しなくなってしまいますよ。

そうなってしまうと、せっかく働きだしたにもかかわらず、すぐに辞めたりしてしまうかもしれませんよね。

そこで今回は、仕事探しや転職・アルバイト探しをするときに大切な心構えについてご紹介していきます。

 

働くときに大切な心構え

仕事をする以上は、たとえ学生であっても社会人としての心構えが大切になります。

お金を稼ぐということは、自分に甘い考えなどは通用しなくなるのです。

でも、まだ働いたことがない人からすると、なにが大切なことなのかわからなかったりしますよね。

そこでここからは、社会人としての心構えについてみていきましょう。

 

時間は必ず守る

社会人として絶対にやってはいけないのが、時間を守れないことです。

とくに会社の場合は、一人作業というものは少ないですし、ノルマや納期も決められているので、そういったスケジュールに合わせて働いていきます。

にもかかわらず、遅刻が多かったりすると、それだけでスケジュールが狂ってしまいますよね。

そうなってしまうと、同僚に大きな迷惑をかけてしまうことにもなるのです。

 

これは、正社員や派遣社員などはもちろんですが、アルバイトやパートでも大切なことですので、遅刻をしないように早めに出勤をすることが大切です。

ですが、何らかの事情でどうしても間に合わなくなってしまう可能性もありますよね。

そんな時には、遅刻してしまうのがわかった時点で早めに会社や上司に連絡をするようにしましょう。

 

連絡さえきちんとしていれば、遅刻をしてもなんとかまわりで対応してくれるようにしてくれます。

 

無断欠勤は絶対ダメ!

アルバイトでも正社員でも働いているときに、ふと休みたくなることもあることでしょう。

ですが、どんな雇用形態であっても会社に黙って休んだりしてはいけません。

あなたがやってるお仕事は、仮にとても簡単でだれでもできるような内容だったとしても、あなたが無断欠勤するだけで、スムーズに作業することができなくなってしまう可能性があるのです。

 

会社も、雇って働いてもらっている以上は給料を払う必要がありますよね。

ですから、雇用形態にかかわらず、無駄な人間を雇うような職場はありません。

 

それだけ会社の戦力として雇っているわけですから、無断欠勤をするとリストラをされることも十分考えられます。

まだ、「会社に入社したばかりだから戦力にならない・・・」なんてことはありません。

 

あなたの周りには時間を割いて、仕事を教えてくれる上司や先輩がいるのです。

無断欠勤をすると、そういった方にも大きな迷惑をかけてしまうことになるので、自己都合や過小評価を理由に無断欠勤をすることはないようにしましょう。

 

とはいっても、体調不良でどうしても会社に行くほどの余力がないこともありますよね。

そういった特別な理由があるときには、こちらも早めに会社や上司に連絡をするようにしましょう。

社会に出ると、「連絡」することはとても大切になりますよ。

 

ホウ・レン・ソウを覚えよう

社会に出ると、「ホウ・レン・ソウ」が大切だと教えられることも増えてきます。

これは、「報告」「連絡」「相談」をするということですね。

 

ですが、社会に初めて出る方からすると、このホウレンソウもイマイチピンとくるものがないかもしれませんよね。

そこでここからは、簡単にそれぞれを解説していきます。

 

報告とは

報告とは、任された仕事が終わったときに上司に終わったことを報告することです。

頼まれた部分だけが1日の作業量というわけではありませんので、終わったら次の仕事が難なのかを指示を受けるといった意味でも、必ず報告をするようにしましょう。

 

連絡とは

連絡とは、先ほどもご紹介したように、トラブルや体調不良などを理由に遅刻や欠勤をするときに、職場に連絡をすることです。

また、事前に用事が入っていて早退することがわかっているときも、分かった時点で早めに連絡をするようにしましょう。

そうすることで、職場のスケジュール調整もしやすくなるので、連絡はとても大切です。

 

相談とは

入社したばかりの職場だと、周りに仲の良い人はいないので、分からないことがあってもなかなか聞きにくかったりしますよね。

でも、だからといって勝手な自己判断で作業をしてしまうと、あとで大きなトラブルになってしまうことも考えられます。

少しでも「あれ?」「どうしよう・・・」と迷うことがあれば、必ず相談をするようにしましょう。

 

一度も働いたことがない人からすると、中には勇気が必要になるものもあるかもしれませんが、ホウレンソウをすることで職場の先輩や上司とコミュニケーションをとれることができるし、仲良くなるきっかけにもなるので、積極的にホウレンソウをしていきましょう。

 

ときには辞める覚悟も

アルバイトや正社員として働く以上は、お金をもらっていますので、自分勝手な行動や言動は出来なくなってしまいます。

ですが、ときにはそういったガマンのしすぎをしてしまうことも問題があります。

 

テレビや雑誌などでも取り上げられているので、あなたも見聞きしたことがあるかもしれませんが、近年は「ブラック企業」とか「ブラックバイト」というモノがあるのです。

 

会社のため・お金のためと割り切って働くことも大切ですが、それはあくまでも常識の範囲内での話です。

過酷な労働環境を無理やり強いられて、身体をこわしてしまっては何の意味もありません。

そういったブラック会社は、我慢するだけどんどん身体をこわしてしまい、将来に悪影響が出てしまう人もいるほどです。

 

私の友人も一人、大手の企業に勤めていたのですが、ブラック企業だったために今では、椎間板ヘルニアになって働ける職業の幅が少なくなってしまったほどです。

 

バイトでも正社員でも、自分の身体以上に大切なモノなんてありません。

そういったブラックな一面が見えたときには、転職をすることも検討することも大切です。

世の中、あなたが働ける会社は1社だけではありません。

探せば、たくさんありますし、従業員を大切にしている会社などもたくさんありますからね。

これから長く働くことを考えるのなら、楽しく働きながらお金を稼ぎたほうがいいですよね。

 

契約書の確認をする

アルバイトでも、契約社員・正社員でも雇用するときには契約書というものを見ることになります。

雇用契約書は、文字も小さいく、難しい単語を使っていたりするので、パッと見ただけではイマイチ理解できないこともあると思います。

 

理解しないまま、その契約にサインをしてしまうと、後々面倒なトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるので、実はとっても大切なのです。

 

サインをする前に、分からない単語や文章があるときには、その場で必ず説明を受けるようにしましょう。

こうすることで、トラブルを回避することもできるし、安心して働くことができるようになります。

 

また、契約書とは別の話になりますが、『会社の就業規則』は必ずチェックするようにしましょう。

例えば、「正社員として入社したけれど給料が少ないからバイトをしたいな~」なんて思ったときに、副業が禁止されていたらバイトはできません。

 

副業禁止にもかかわらず、こっそりと働いているのがバレたら解雇されてしまう可能性もあります。

就業規則というのは、それだけ大切なモノですから、基本的には書面で渡されるはずです。

 

もし、貰っていないときには職場の人に問い合わせて、書面として受け取っておくようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

仕事をする以上は、それがバイトでも派遣でも正社員でも、必ず守らないといけない決まり事というのはあります。

また、社会に出ると「ホウレンソウ」をすることはとても大切なことですので、しっかりと心がけながら働くようにしましょう。

これがきっかけで、仲の良い友人ができるかもしれませんよ。

 

ですが、ブラック企業だった場合は体調を悪くしてまで会社に奉仕する必要はありません。

むしろ、若ければ若いほど転職先もたくさんありますので、従業員を大切に扱ってくれる会社を探してみてくださいね。