パソナキャリアで登録を断られた5つの理由と対策!断られたときに利用したい転職エージェント

パソナキャリア

転職エージェントのパソナキャリアを利用しようと思ったけど、登録を断られた…

転職エージェントを利用しようと思っても登録を断られてしまうというケースもあります。

そこでこの記事では、

☑パソナキャリアが登録拒否する理由
☑断られたときの対策
☑その他のおすすめ転職エージェント

の3本立てでわかりやすく解説していきます!

これから転職を考えている方や登録しようと思ってる方も、ぜひお役立てください。

 

【この記事がとくにおすすめな方】

・パソナキャリアに興味がある人
・パソナキャリアで登録を断られた人
・拒否されても転職は絶対にしたい!という人

 

 

 

パソナキャリアで登録を断られた!5つの理由を知る

転職エージェントのパソナキャリアが登録を断るというのにはそれなりの理由があります。

結論からお伝えすると以下の5つがあります。

①年齢制限
②正社員経験がない
③転職回数が多い
④経歴が特殊
⑤希望が高い

それぞれの理由について解説していきます。

 

登録拒否理由1:年齢制限

パソナキャリアでは、20代~30代の方を中心にサポートを行っています。

そのため40歳以上になると登録を拒否されるということもあるようです。

実際にパソナ利用者の年齢制限のデータについても調べてみました。

・20歳~25歳 : 15.0%
・26歳~30歳 : 31.6%
・31歳~35歳 : 25.2%
・36歳~40歳 : 13.2%
・41歳~ : 15.0%

数値を見てみると、26歳~35歳までの方が多いというのがよく分かります。

また社会経験が少ない25歳未満や40代以上の方の利用者もいるというのも事実です。

 

ですが、30代後半から40代以上になると企業も未経験というよりも、”即戦力”の人材を求めるところが増えてきますので、希望する業界や職種によっては登録を拒否されるということもあります。

 

登録拒否理由2:正社員経験がない

パソナキャリアは20代~30代の若者をメインにした転職エージェントですが、以下の場合には登録が断られてしまう可能性があります。

・職歴がない(無職)
・バイトやパートのみ

このような職歴がないと紹介できる求人がないなどの理由で登録拒否されることもあります。

就職支援サービスではなく、あくまでも”転職”エージェントです。

正社員から正社員への転職することが主になってるので、職歴に自信がない方は拒否される可能性があるということは覚えておきましょう。

 

職歴なしやニートの場合は、パソナではなく「DYM就職」など職歴に自信がない人でも正社員実績のある転職エージェントの利用をおすすめです。

 

登録拒否理由3:転職回数が多い

この理由はパソナに限った話ではなく、他のサービスでも拒否理由になっているケースが多いです。

転職回数が多いということは「すぐに辞めそう」「忍耐力がなさそう」「問題がありそう」というようにマイナスの評価をされがちです。

 

パソナキャリアも、良い人材を企業に紹介しないと信用が落ちてしまいますので、問題がありそうだと思われれば登録を断られてしまう可能性もあります。

たしかにブラック企業は増えているというのは今の世の中の実情ではありますが、小まめに転職を繰り返すのは自分の評価を下げるだけでメリットは何もありませんので気を付けるようにしましょう。

 

登録拒否理由4:特殊な経歴の人

経歴が一般の人とは違った経歴のある場合にも断られてしまうケースもあります。

例えば、以下のような方が当てはまるようです。

・自営業
・教師
・芸能人
・自衛隊 など

このような特殊な経歴や専門性が高い場合にはお断りされる可能性もあります。

他にも、技術職などでもパソナキャリアが取り扱っていないジャンルでの専門性が高い職種を希望していると、紹介してもらえないという理由からお断りすることもあります。

 

登録拒否理由5:希望条件が高い

5つ目の理由は、あなたの経験や職歴では応募できるような求人がない場合です。

簡単に言えば「希望条件が高すぎる」ということも理由の1つです。

例えば、これまで年収300万円の営業マンとして働いていた人が、希望条件で年収600万円のIT系を希望した場合は、どう考えても実力不足なのは明白ですよね?

これは極端な例かもしれませんが、転職の希望条件はあなたの現在の実力や資格・スキルなどを総合的に判断した中で選ぶのが大切です。

 

パソナキャリアに登録を断られた場合はどうする?対策方法

もし、あなたがパソナキャリアで登録を断られてしまったときにはどうするのか?

その対策としては以下の方法があります。

1、もう一度登録する
2、他の転職エージェントを利用する
3、自力で活動を開始する

こちらも1つ1つ詳しく解説していきます。

 

対策1:もう一度登録する

転職エージェントは一度登録を拒否されたとしても、「どうしてもそこを利用したい!」という理由があるのならもう一度登録してみましょう。

ただし、まったく同じように登録作業をしても結果は変わりませんよね。

 

そこで大切なポイントは1つ!

あなたの”経歴”をよくすることです。

 

もちろん嘘の情報を入力するとNGですので、経歴をよくするための方法としては以下の方法がおすすめです。

 

【これで経歴アップに!】

☑資格の勉強をする・取得する

☑現在の職場で出世する

☑TOEICを勉強する  など

嘘をつくのは絶対にいけませんので、アピールできるポイントを増やすことが大切です。

とくに重要なのは、あなたが転職を希望してる業種・職種で役に立つ資格を取得、技術を身につけるということです。

再登録に少し時間はかかってしまいますが、結果として自分の価値を高めることにもなりますので、「急がば回れ!」の精神で自分のレベルアップをしていきましょう。

 

対策2:その他エージェントを利用する

転職エージェントといっても、各サービスごとに利用条件や取り扱ってる求人も異なります。

つまり、パソナキャリアでは登録拒否されたとしても他の転職エージェントなら登録どころか求人を紹介してもらえるところもあるはずです。

どこも登録や年会費は無料なので、断られたとしてもマイナスになることは何もありません。

ダメだったら他を利用するくらいの気持ちで転職エージェントをいろいろと応募していくのもおすすめです。

【あわせて読みたい】

就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較!人気サイトは?【2020年版】
就職・転職支援サービスを賢く利用することで、無料であなたにピッタリな希望に合った仕事を見つけることができるようになるのです。でも転職支援サービスもたくさんあるのでどこが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較検証しながら詳しくご紹介します。就活が上手くいかずに悩んでる方もぜひ参考にしてみてください

 

対策3:自力で活動をする

転職エージェントを利用しなくても、自力で転職活動をして内定を獲得している人も世の中にはたくさんいます。

実際、「転職エージェントに登録したけど良い求人を紹介してもらえなかったので、自分で探した会社で転職した」というような口コミも各エージェントを見ているとよく見かけたりもします。

 

そもそも、転職エージェントを使わないほうが良い人もいますので、利用することが必ず正解というわけではありません。

詳しくは以下の記事でご紹介しています。

 

また、転職サイトはサポートがないですが登録無料で気軽に利用できるのでおすすめです。

「リクナビNEXT」は転職希望者の利用が多く、非公開求人も取り扱っています。

また、在職中で忙しいという方は登録すると企業からオファーメールが届く「ミイダス」などの利用は便利ですよ。

>>リクナビNEXTとは?強みや特徴を徹底検証!

>>MIIDAS(ミイダス)とは?特徴や強みを徹底解説

 

パソナキャリアで断られたときにおすすめの転職エージェント

ここからは、パソナキャリアで断られてしまったときにおすすめの転職エージェントをご紹介します。

それぞれ特徴についても簡単にまとめていきますので、あなたに合った転職エージェントを探してみてくださいね。

※すべて登録・年会費は完全無料です

 

リクルートエージェント

転職業界No,1の圧倒的な求人数で、40代以上の方でも利用している国内最大級の転職エージェントです。

ほぼすべての職種や業種の求人にも対応していますし、地方の求人も豊富にあるのですべての人におすすめです!

いろいろ登録するのが面倒という方は、まずはリクルートエージェントから登録するのもあり!

▼公式サイトはこちらから▼

 

doda

リクルートエージェントに次ぐ求人数で20代・30代はもちろん高齢の方の転職にも対応しているのも大きな特徴です。(主に20代30代)

担当アドバイザーの評価も全体的に高いので、はじめての転職をされる方も安心して頼ることができると思います。

dodaはサイト登録+エージェント登録をしないとサポートサービスを利用できないので忘れないようにしましょう。

▼公式サイトはこちらから▼

 

DYM就職

職歴がないという理由でパソナキャリアを断られてしまった人におすすめなのが「DYM就職」です。

フリーターや既卒、第二新卒からニートまで、職歴なしからでも就職率96%という圧倒的な実績のある転職エージェントです。

「書類選考なし」で直接面接から入ることができるので、最短1週間で内定を獲得される方もいますよ。

▼公式サイトはこちらから▼

 

転職エージェントは、それぞれ特徴もありますのであなたの職歴や目的に合わせて選ぶのがポイントです。

また、最初は面倒かもしれませんが複数を同時に登録すると、担当アドバイザーや求人情報などを比較することができますので、転職後のミスマッチを減らしたり成功率を高めることもできるのでおすすめです。

 

パソナキャリアのQ&A

ここからは、パソナキャリアに関するネット上のQ&Aについてもまとめていきます。

 

Q:パソナキャリアはそもそも登録条件が厳しいの?

具体的な基準が公開されているわけではないのですが、登録を断られているのも事実です。

ですが、必ず拒否されるわけではありませんので、まずは登録して求人紹介をしてもらえるのかを確認するのが良いです。

 

Q:登録後の連絡がこないのは?

パソナキャリアに登録したけど連絡が何もないということもあるようです。

このとき考えられるのは、登録情報のミスかトラブルの2つです。

パソナキャリアでは、登録した後原則2営業日以内に直接連絡が来るようになっているのです。

 

2週間ほど待っても何も連絡がこない場合は、登録情報(メールアドレス・電話番号)のミスの可能性もありますので、再登録してみましょう。

「ミスはない!」と自信がある場合は、あなたからパソナに連絡をして確認してもらうなど行動を起こすことも大切です。

 

Q:40代以上だけど利用できる?

パソナキャリア公式でもありますが、40代以上でも利用することはできます。

ですが、メインは20代半ば~30代半ばですので、40代以上になると即戦力の経験が必須になります。

条件によっては登録を断られたり、すぐに求人を紹介してもらえないという可能性もあります。

 

さいごに

このページでは、パソナキャリアに登録を断られたとき!ということでその原因や対策などをご紹介してきました。

パソナキャリアで拒否されたからといってすべての転職エージェントが使えなくなったわけではありません。

その場合は、他の転職エージェントはどうなのか登録してみるのがおすすめです。

 

【おすすめの転職エージェント】

■リクルートエージェント(すべての人におすすめ)

■doda(求人豊富で20代・30代の経験者におすすめ)

■DYM就職(職歴なしの20代におすすめ)

転職エージェントを利用しなくても自力で活動をすることもできますので、あなたに合った方法で新しい職場を探していきましょう!

今回の情報があなたにとって役に立つことを祈ってます。