リクルートエージェントの求人を徹底解説!職種や業種【転職エージェント】

リクルートエージェント

転職活動をするときには、転職エージェントなどの支援サービスを利用される方も多いですよね。

実際、こういったサービスを利用することで、一般には出回らない非公開求人なども見ることができますので、選べる求人の幅を増やすといった意味でも利用するメリットはありますからね。

そんなとき、どこに登録しようか迷ってるときに気になるのが、業界最大手の「リクルートエージェント」ではないでしょうか。

非公開求人だけでも100,000件以上の求人数があるということですから、転職活動をしていくうえでは必須といってもいいレベルです。

 

とはいえ、取り扱ってる職種や業種があなたの希望するものではなかったら意味がありませんよね。

そこで今回は、リクルートエージェントの求人(職種や業種)について徹底検証していきます。

職種や業種について気になる方や、登録しようか迷っていたという方もぜひお役立てください。

 

 

リクルートエージェントの求人(職種や業種)について

それでは、ここからはリクルートエージェントで取り扱ってる求人職種業種についてそれぞれ詳しくチェックしていきましょう。

実際、あなたが希望する求人を取り扱っているのか?というのが気になるところだと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートエージェントの求人:職種編

まずは、リクルートエージェントが取り扱う職種についてチェックしていきましょう。

●営業・販売・カスタマーサービス

●コンサルタント

●SE/ITエンジニア

●経営・企画・マーケティング

●管理・事務

●物流・貿易・購買・店舗開発

●不動産専門職

●金融専門職

●クリエイティブ

●エンジニア(設計・生産・品質・管理)

●建築・土木・設備

●医療・医薬・化粧品

●その他(講師・調理師・介護など)

この中から選ぶことができます。

様々な職種に対応しているということですから、とっても使いやすそうですね。

 

どの職種でも求人数が多い

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

そのため、どの職種でも豊富な求人数を誇り、一番少ないとされる分野でもおよそ1,000件以上もあります。

もちろん、転職活動をするタイミングによって求人数は変化していきますが、これだけ多くの求人がある転職エージェントというのはとても少なく貴重です。

非公開求人も充実しているので、転職はしたいけど職種が決まっていないという場合は、いろいろと見ることができるリクルートエージェントはとてもおすすめできるといえるでしょう。

 

営業や販売系に強い

リクルートエージェントは、どの職種の求人数も豊富にあるのですが、その中でもとくに営業や販売職関連の求人が圧倒的です。

営業・販売・カスタマーサービスの求人数は、記事作成時の段階でおよそ40,000件にも及びます。

 

また、SE・ITエンジニア関連の職種の求人数もほぼ同じレベルで取り扱っていますね。

転職エージェントとして得意な職種は、他のエージェントと大差はありませんが、保有する求人数自体が圧倒的ということもあり、とくにこれらの業界で転職を考えているという方は、必ず登録をしておきたいところですね。

 

弱い職種はなに?

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントですが、「金融専門職」の求人数は非常に少ないというのが現実です。

金融専門職とは、ディーラー・運用、投資関連業務、調査・分析、アクチュアリー・クオンツ・金融工学などがあります。

これらの職種は、他に比べるとより専門的な知識が必要になるということもあり、このような求人サイトや支援サービスではどこもほとんど取り扱っていないというのが実情です。

とはいえ、リクルートエージェントでは少ないですが、求人も取り扱っていますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

リクルートエージェントの求人:業種編

リクルートエージェントでは、多種多様な業種にも対応している万能型の転職エージェントです。

そこでここからは、どのような業種があるのかについてもチェックしていきましょう。

●IT・通信業界

●Web・インターネット業界

●機械・電気業界

●化学・素材業界

●商社

●物流・運輸業界

●小売・卸売・サービス業界

●旅行・エンタメ業界

●マスコミ・広告業界

●人材業界

●コンサルティング業界

●金融・保険業界

●不動産・建設業界

●医療・医薬業界

●インフラ・官公庁・その他

このように、あらゆる業種にも対応しているところが、さすが業界トップクラスの転職エージェントですね。

それでは、もう少し詳しく業種についてもチェックしていきましょう。

どの業種も求人数が多い

リクルートエージェントで取り扱ってる業種は、それこそあらゆる分野に対応している万能型の転職エージェントです。

もちろん、職種と同じように、利用する時期によって求人数は変動していますし、業種によって求人数が多いところもあれば、少ないところもあります。

とはいえ、これだけの業種に対応している転職エージェントというのはあまりないですから、登録することで選べる業種を幅を広げることにもなるので、これから転職活動を行う上ではとても魅力的ですよね。

 

IT/通信業界がとくに得意分野

リクルートエージェントが保有する求人の業種の中でもとくに多いジャンルは「IT・通信業界」です。

この業界では、ソフトウェアメーカー・コンピューター周辺機器メーカー・ネットワーク機器メーカー・SIer(システムインテグレータ)・NIer(ネットワークインテグレータ)・総合SIベンダー・通信キャリア・ISP・データセンター・ホスティングサービス・保守サービス・その他(IT・通信)などが挙げられます。

 

また、他にも「Web・インターネット業界」での求人も豊富にそろっていますので、これらの業界での転職を考えている方には非常におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

近年は、IT社会になってきていますので、やはり関連する業界での求人数は増える傾向にあります。

そのため、中小企業はもちろんですが、大手企業やベンチャー企業などの求人を見ることもできるというのも大きなメリットですね。

 

苦手な業種は?

リクルートエージェントが苦手とする、求人数が少ない業種は「物流・運輸業界」になります。

この業界は、物流・倉庫・陸運・海運・航空・鉄道などの分野から選ぶことができるのですが、全体的な求人数から見ても1%もないです。

1%未満といわれるとほとんどないように感じてしまうかもしれませんね。

 

ところが、忘れてはいけないのは、リクルートエージェントは全業界に対して求人数が多いといわれているのです。

そのため、わずか1%未満という求人数だったとしても、1,000件以上の求人があるということですから、いろいろと参考になるところも多いのではないでしょうか。

 

リクルートエージェントを大攻略!

リクルートエージェントの求人については納得したので、他の特徴やサイトの安全性なども見てみたい!という方は、ぜひ下記ページも併せてご覧ください。

 

>>リクルートエージェントの特徴や強みについて徹底検証!

>>リクルートエージェントの安全性や危険性・評判まとめ

>>リクルートエージェントは評判が悪いの?2ch(5ch)の口コミ評価から分かった真実

 

リクルートエージェントの求人 まとめ

転職エージェントのリクルートエージェントなら、多種多様な職種が業種の求人情報を取り扱っていますし、業界トップクラスの求人件数を保有するなど、転職活動をしていくうえではとても戦力になるサービスが特徴です。

しかも、サイト上には掲載されていない非公開求人は全体の80~90%にも及びますので、パソコンやスマホからでは確認できない求人が、さらにたくさんあるということです。

 

そんな非公開求人も、リクルートエージェントではキャリアアドバイザーがあなたの希望条件や職歴・資格などを詳しく聞いたうえで、あなたに合った非公開求人を紹介してくれます。

そのためにも、カウンセリングでは、あなたの職歴などはまとめておくのはもちろんですが、転職に対しての希望条件などがあればしっかりとアドバイザーの方に伝えるようにすることが大切です。

 

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を保有する人気の転職エージェントです。

登録や相談・サポートはすべて完全無料ですので、ぜひお気軽に利用してみましょう!

賢くサポートを使って、より良い企業への転職を成功させましょう!

 

こちらから「リクルートエージェント」に無料登録できます