会社を辞めたい!まだ3か月未満だけど大丈夫?【退職Q&A】

退職コラム

まだ入社1か月や3か月の新入社員だけど、会社をやめたいと思ってる…。

はじめての会社や転職活動も終わって、新しい職場で働きだしてみたものの、実際に働きだしてみたら「これは失敗だ…」と感じて会社を辞めたいと思う人も意外と多いようですね。

そこでこの記事では、「会社を辞めたい」と思ったときにすぐ辞めてしまうことのデメリットや、退職するならどのようなことを感挙げれば、次に同じミスをしなくて済むのかなどについてわかりやすく解説していきます。

また、転職活動で失敗する人で多い理由は、すべて一人で活動しているケースです。

まずは、活動を無料でサポートしてくれるサービスなどもありますので、うまく活用してみてください。

▼転職エージェント・就職支援サービスのおすすめはこちら▼

就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較!人気サイトは?【2020年版】
就職・転職支援サービスを賢く利用することで、無料であなたにピッタリな希望に合った仕事を見つけることができるようになるのです。でも転職支援サービスもたくさんあるのでどこが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較検証しながら詳しくご紹介します。就活が上手くいかずに悩んでる方もぜひ参考にしてみてください

 

転職・入社後3か月未満だけど会社を辞めたい!デメリットは?

失敗した・辞めたいと感じてしまう人で多い時期は、入社してから1~3か月くらいが多いようですね。

何年もたってから気が付くわけでもなく、かなり早い時期に気が付く人が多いということですね。

でも、そんなに早く結果を出してしまうと、あなたの履歴書は転職の経歴だらけになってしまうことになります。

 

転職回数というのは増えるほど、書類選考や面接でどんどん不利になっていきます。

「どうせまたすぐ辞めそう」
「根性がないだろう」

このようにマイナスの評価を面接官が持ってしまうからです。

ですから、「失敗…辞めたい」という気持ちが強くなったとしても、将来のことを考えてまずは冷静になって「状況」や「理由」をしっかりと考えるようにしましょう。

 

1か月・2か月・3か月以内でも辞めやすい理由や条件を探す

次の転職活動をするときに、3か月未満で会社を辞めてしまったとしても、あまりマイナス評価にならない「理由」や「条件」があるのはご存じですか?

まずは、これらに当てはまってるかどうかをさっそく確認してみましょう。

☑会社の違法なところを探す

早く辞めてしまってもよい条件は、会社が法律に違反しているかどうかというのは大きなポイントです。

例えば、SNSや掲示板上では以下のようなブラック企業の例が良く紹介されています。

 

●お昼休憩もなく働きっぱなし

1日8時間以上の労働時間がある場合には、1時間以上の休憩時間をとることができる。

●残業代を支払われない

定時でタイムカードを押されてしまい、そこからサービス残業。

●給料が最低賃金以下

会社の場合は日給月給ですので少し難しいですが、1か月の給料を計算してみると500円未満になってるなんてこともあります(私の体験談ですが…。)

 

 

まずはこのようなところをくまなく探っていきましょう。

他にもパワハラやモラハラなどもありますが、ここは少し境目があいまいな部分もあるので、少し難しいところもあります。

 

例えば、

「仕事ができないから怒られた⇒パワハラだ!」

これは通用しません。

学生ではないですから、仕事は教わったことは自分で復習するなど覚える努力は必要です。

自分勝手な理由で辞めてしまうと、それは後々のデメリットになるのでおすすめはしません

 

会社を辞めたい理由を探してみよう

会社を辞めたいというのは、今の職場に対して何かしらの理由があるからだと思います。

ですが、一時的な感情の勢いで辞めてしまうと後で後悔することになるかもしれないので、あなたなりにいろいろと行動してみたり考えてみるようにしましょう。

例えば、給料について不満があって転職を希望するという方も多いと思いますが、転職すれば100%給料アップするという保証はありません。

私のように最低時給よりも低かったという例外は別として、もしかしたら下がってしまう可能性もあるからです。

ですから、入社1~3か月ほどで辞めたいと思ったときには一度しっかりと整理することも大切です。

 

1、精神的な疲れは慣れていないから

どんな業界でも、入社したばかりの企業ですぐに辞めたくなるのは、仕事に慣れていないことの精神的なストレスが原因になっていることが多いです

毎日緊張状態が続いているわけですから、かなりストレスも溜まってしまいますよね。

ですが、仕事内容を覚えてくると自然と慣れてきます。

 

これは正社員でもアルバイトなどでも共通するところでもあるので、もしかしたらあなたもバイトなどを続けてたら慣れてきたという経験があるのではないでしょうか?

環境にも慣れてくれば、精神的にはかなり楽になりますので、そこで冷静になってから判断したほうが良いです。

 

2、孤独な状態が続くとツラくなる

友達といっしょに同じ会社に入社したというようなケースは少ないと思います。

すると当然ですが周りは、誰も知らない人ばかりですから、孤独な時間が続いてしまいがち。

新人教育の担当の人や上司がうまく取り入れるようにしてくれるとよいかもしれませんが、そこまで見てくれるような人は少ないですからね。

すると、昼食などでは食堂に行くのもイヤになってしまいます。

 

このような状態が続くと、いやがらせなどがなくてもマイナス思考になりがちです。

学校とは違い年齢もバラバラな人たちがいるのが会社なので、まずは同年代くらいの人や話しやすそうな人に積極的に自分から話していくようにすると、すぐに仲良くなれたりもします。

 

3、覚えられない・苦手

物事を覚えることが苦手という人はもちろん、職場によってはかなりの量を覚えていかないといけないので、そこで疲れてしまったことが理由になっている人も少なくありません。

とくに入社したばかりのころは、1から覚えていかなければいけませんし、最低でも職場の同僚の名前やその日教わったことなどはメモしておくようにしたいところです。

もちろんこちらも長く働いていれば自然と思えていくことができるので、ツラく感じるのは最初の内だけです。

 

転職を繰り返すのは大きなデメリットになる!

「転職を成功させて新しい職場で働きだしたけど、1か月もたたないうちにまた辞めたくなっちゃった…」

実際にこのような方は大勢いらっしゃいます。

ですが、転職回数が多いほど書類選考や面接の通過率はどんどん下がってしまいます

これは最初にも少し触れましたが、日本の会社の多くは「転職回数が多い=やめ癖がある」と判断することが多いからです。

転職をするのは自由ですが、回数が増えるほど企業側からは「採用してもすぐに辞めそう」と判断されてしまいますので、しっかりと考えて行動するようにしましょう。

 

30代は辞めないほうがいい?転職したほうがいいの?

仕事をやめた場合でも、20代であれば数か月ほどの短期で辞めていたとしても、転職活動を本気で行っていれば意外とすんなり新しい職場が見つかることはよくあります。

ところが30代になってしまうと、その敷居が一気に少なくなってしまいます。

これは、企業が以下のように判断しているところが多いためです。

 

●10代・20代は若手として将来的に活躍できる人材

●30代以降は、経験者としてすぐに活躍してほしい

 

 

そのため、30代になるとこれまでの経験やスキルを活かせる業界での転職ならまだしも、未経験で探すというのはかなり難しくなってしまうのです。

ただし、最終的にはあなたの人生ですので、しっかりと考えたうえで辞めることを選択するのであれば、働きながら転職活動を行ってみましょう。

 

会社を辞めたいけど!極論は

ここまでいろいろと解説してきましたが、極論は【辞めたいのなら辞めてしまう!】という考え方でもよいと思います。

最終的に決めるのは、周りの人ではなくあなた自身が決めることです。

 

冷静に考え直して、その職場で頑張るという選択でもよいですし、今のまま働き続けるのは将来がないなどと判断して新しい職場で一から頑張っていく。

どちらを選んだとしても、社会人なった以上は自分で決めたことにはすべて自己責任があるということは理解していると思います。

決めたことをしっかりと頑張るようにしましょう!

 

転職失敗をしないためのポイント

転職を失敗しないためのポイントは以下の通りです。

 

☑転職する目的を明確にする

☑企業情報をしっかり調べて入社後のミスマッチを減らす

☑転職エージェントも併用して最新情報も取り入れる

 

 

これら3つです。

それぞれもう少し具体的に見ていきましょう。

転職する目的を明確に!

ここをしっかり決めていないと同じ過ちを繰り返すことになるので、あなたなりに納得するためにも、転職する目的や理由を明確にしておきましょう。

例えば、

■人間関係がイヤで辞めたい⇒人間関係の良い職場を探す

■給料が少ないから辞めたい⇒給料の良い職場を探す

■仕事がつまらないので辞めたい⇒やりがいを感じる仕事を探す

などのように、不満といってもその感じ方は人それぞれ違います。

 

会社を辞める前に、まずは「なぜ辞めたいと考えるのか?」を考えて、本当は我慢できるのではないかどうかなども考えておきたいところです。

目的が決まっていると、仕事探しのときにもスムーズに探すことができるというメリットもあります。

 

企業情報をしっかりチェックする

入社後のミスマッチを防ぐために、気になる求人情報を見つけたときにはそのまま応募するのではなく、企業研究することも大切です。

情報を集めたりするのはパソコンやスマホを使えば今では手軽にできますからね。

また辞めたくならないためにも、本当にあなたの目的や希望をかなえてる企業なのかどうかしっかりと情報を集めるのもおすすめです。

 

転職エージェントで最新情報をキャッチ!

転職エージェントは、無料で求人紹介や書類添削、面接対策などのサポートをしています。

そしてここでは、常に世の中の最新情報を取り扱っていますので、求人票には記載されていない新しい情報から裏情報までエージェントから聞き出すことも可能なのです!

職場の雰囲気や社風なども教えてくれるので、あなたが働いた後のイメージもしやすいのもメリットです。

 

さいごに

いかがでしたか?

「入社1か月~3か月くらいだけど辞めたい」と感じる人はあなた以外にもたくさんいらっしゃいます。

ですが、転職というのはあなたのこれからの人生に大きくかかわってくるほど重大なイベントの1つです。

それを失敗したとなってしまわないためにも、転職活動をするのならしっかりと準備や対策などは行っておくようにしましょう。

 

また、辞めたい気持ちは環境になれていない精神的なストレスからくる一時的なものである可能性も高いですので、しっかりと考えたうえで判断するようにしましょう。

【フリーターや既卒に人気!】

これまでに就職成功者を5000人以上という実績もある「第二新卒エージェントNEO」は、未経験からの就職に強いのが特徴です。

口コミではエージェントの対応の良さなども高く評価されているので安心して相談することができます。

既卒やフリーターの未経験からでも就職成功したい人におすすめ!

>>第二新卒エージェントNEOの口コミはこちら

▼公式サイトはこちらから▼

【圧倒的な求人数&書類通過率が高い】

転職活動をするときに必ず押さえておきたいのが、およそ10万件以上の求人を取り扱っているという国内最大級の「doda」。

書類通過率も80%以上あるほか、ここだけの非公開求人なども取り扱っているため、様々な企業比較をしながら仕事探しをすることができます。

ただし、未経験者よりも経験者向けの転職用求人がメインです。

>>dodaは使えない?気になる疑問

▼公式サイトはこちらから

【書類選考なしで面接から!】

職歴に自信がないと、書類選考で落とされてしまうことに悩んでいる方も少なくありません。

そんな方におすすめなのが、書類選考なしで面接から就活や転職活動をすることができる「DYM就職」。

利用条件は高卒以上の、34歳までと20代はもちろん、30代前半までもサポート対象になっているところもポイントです。

就職率96%という圧倒的な実績もあるので、気軽に相談してみましょう。

>>DYM就職の特徴はコレ!

▼公式サイトはこちらから

また、以下でご紹介しているサービスはすべて無料で利用できるほか、非公開求人も取り扱っているおすすめ求人サイトです。

診断なども行えるので、ぜひお試ししてみてくださいね。

>>強みがわかる診断!リクナビネクストはこちら

>>登録するだけでオファーメールが届く!ミイダスはこちら

>>就職・転職支援サービスのおすすめサイト比較「最新版」