ニートの就活はつらい!?知らないと厳しい就職活動の方法とは

ニート

ニート生活をやめるために就職活動をしていても、何度も書類選考で落ちたりするのが続くと辛いですよね。

せっかく頑張って行動しているのに、結果が付いてこないと就活をすること自体も苦痛に感じてきてしまうかもしれません。

書類選考や面接で落とされるのが続くと、正社員になれる気もしなくなってしまいますよね。

 

ですが、それはニートにあった適切な就職活動ができていないだけかもしれませんよ。

そこで今回は、ニートの就活はつらい!?知らないと厳しい就職活動の方法について解説していきます。

実際に、就活がツラいと感じている方も、これから就職活動を始めようと思っている方も、ぜひお役立てください。

 

 

ニートから就活を始めようと思ったモチベーション・気持ちを大切にする

ニートだった人が、いきなり正社員になるというのは就活する人の中でもとても大変なことです。

とくにニート生活が長い人ほど、書類選考が通らなかったり、通っても面接で落とされたりすることが続いて「つらい」ということも経験するかもしれません。

ですが、そこで就活すること自体を諦めてしまったら、今後も行動することができなくなってしまいます。

 

そんな時には、「就職活動を始めた思いやきっかけ」などをもう一度思い出してみると、自分自身への励ましになって行動することができる力が出てくるかもしれません。

実際に、世の中には5年以上もニートだった人でも正社員として就活を成功させている人はたくさんいます。

諦めずに行動することで、正社員としての就職先も見つけることができるようになりますので、すぐに諦めたりせずに、将来の期待や希望を持ちながら就活をしていきましょう。

 

そこでここからは、ニートの就活がツラいと感じたときの対策や対処方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ニートの就活がツラいと感じる理由や対処法

それではここから、就職活動がツラいと感じていると思われる理由とその対処法についていくつかご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ニートの就活がつらいのは希望条件が理由!?

思いだけで行動していても、結果が出てこないと辛いものもありますよね。

そんな時には、もしかしたらあなたの正社員としての希望条件をもう一度見直してみるのもおすすめです。

 

希望や理想が高すぎてしまうと、ニートというだけでも応募することができる求人は限られてしまうにもかかわらず、自分でさらに求人の幅を狭めてしまっている可能性もあります

どんな理由でニートになったのか?などは、企業側からすれば気にしてくれません。

つまり、新卒や第二新卒と比べると、採用担当者からはより厳しい目で見られてしまうというハンデもあるということも理解したうえで就活をすることが大切です。

 

そのため、希望条件を100%かなえてくれる求人を探すのではなく、自分の中で納得のできる条件はどれなのかを明確にしてみるようにしましょう。

例えば、下記のように箇条書きでも良いので希望条件をまずはまとめてみるようにしましょう。

●職種や業種:営業や接客、IT、製造など

●給与:月収15万円以上など

●休日:週休2日や、完全土日休み、年間休日110日以上など

●残業:1カ月にどれくらい残業をすることができるのか(月10時間・20時間など)

●勤務地:地元での企業や、都会での大手企業など

●通勤時間:自宅から1時間以内など

●職場の雰囲気:モクモク作業や、アットホームな職場など

●その他:福利厚生などの待遇面

このように、一度メモ帳にそれぞれの希望を書き出していきましょう。

ただし、書き出した希望の条件をすべてかなえてくれる会社というのは存在しません

 

この中から、正社員として長く働くことになる会社に求める希望条件に優先順位をつけるようにしましょう。

お金に困りたくないのなら、給与や昇給・賞与がある企業を第一候補としたり、残業は少ない方が良いのなら、求人情報で残業時間のチェックなどをしていきます。

 

ニートは、立場上はある意味では求職者の中で一番就活が難しいといえますので、わがままを言っていたらいつまでたっても正社員として働く道を見つけることができずに、ズルズルと年齢を重ねてしまうことになりかねません。

そのままニート生活も長引き年齢もある程度いってしまうと本当に求人がなくなりかねませんので、早めに行動することも大切です。

 

逆に妥協することで正社員になることができれば、次は「転職者」として仕事を探すことができるようになるので、現状よりも確実に良い仕事探しができるようになるというメリットもあります。

 

ニートの就活で必要な心構え

1、しっかりと準備をする

ニートの方が就職活動をなかなか始められない原因の1つに「不安」というのは大きな要因になっていますよね。

不安といっても、本当に就職できるのか・まわりは正社員として働いてるのに自分だけ無職の不安・将来が見えない不安など、いろいろとありますよね。

 

1つ1つの不安だけでも精神的に大きなストレスになってしまうのに、このようにいろいろと出てきてしまうと、大きなストレスになりマイナス思考になってしまいます。

先ほどもお伝えしたように、ニート生活を終わらせるためには自分で行動しないといけません。

親や友達ではあなたを助けることができないので、不安を少しでも解消して行動することが大切です。

 

そのために、就職活動で必要となることに対して自分でできる限りの準備をするということも大切です。

例えば、履歴書や職務経歴書の作成方法を勉強したり、自己分析をして自己PRの内容を見直す・応募する企業のHPをチェックして面接対策をするなど、いろいろと準備もあります。

このような準備を日ごろからコツコツと行っているだけでも、不安要素を減らすこともできるので、いきなりすべてを行う必要はありませんので、1日1つずつでもできることから始めていきましょう。

 

2、焦って行動しない

周りが働いていて、親や友達に仕事のことを言われたりするとストレスも感じますし、焦りも出てきますよね。

ですが、就職活動は焦って行動したからといっても結果が出るというものではありません

 

ですが、なにも準備もせず、自分の希望条件なども把握もしないで仕事を探し出したとしても、結果ブラック企業に多く応募してしまったり、それこそブラック企業に入社してより後悔する可能性もありえます。

もし、入社できたとしても就業経験を積むことなくすぐに会社を辞めてしまうと、今度は転職活動をするときに、面接などで会社を辞めた理由などについて必ず質問されるようになります。

面接官も、すぐに辞めるような人を採用したいとは思ってくれません。

 

そのため、より厳しい就職活動をすることにもなりかねません。

そのため、ニート生活を早く終わらせたいからといって焦って応募できる求人に片っ端から応募するような行動は抑えるようにしましょう

 

3、すぐに諦めない

ニートの就職活動は、おそらくあなたが思ってる以上に大変だと思います。

そのため、不採用が続くと途中で「もうあきらめてしまおう」と考えてしまうこともあるかもしれません。

ですが、もしあなたがしっかりと準備をしていて就活をしているにもかかわらず、いつまでも不採用が続くというのは、その会社や職種との相性が悪かっただけなのかもしれません

 

そのような場合は、もう一度自己分析をして、他の職種や業種に興味はないのか?など視野を広げてみてはいかがでしょうか?

今まで求人サイトやハローワークで求人情報を見ていなかった職種や業種はもちろんですが、休日についても見直すだけでもヒットする求人数や幅を大きく広げることができます。

もしかしたら、たったそれだけのことであなたにピッタリの条件の企業を見つけることもできるかもしれませんよ。

 

あまり聞いたことがない中小企業でも、もしかしたら職場環境はよく優良企業として人気のある会社かもしれません。

大手だからといってブラック企業はないということはありえないのと同じで、中小企業だからといって優良企業がないということもありえません

すぐに諦めずに、なかなかうまく就活ができないときには、先ほど紹介した希望条件の優先順位をもう一度見直してから活動を再開してみるのもおすすめです。

 

ニートにおすすめの就活の方法とは

ニートの就職活動の方法は、大きく分けると2つの方法があります。

1、自分で探して応募する

2、就職支援サービスやエージェントを利用して応募できる求人を紹介してもらう

1番の方法は、求人サイトやフリーペーパー、ハローワークなどを使い、自分で希望条件に合う求人を探して応募するという一般的な方法です。

ですが、自分で応募できるものを探すというのが時間がかかるので、めんどくさがって行動できない人もたくさんいます。

 

そんな方にもおすすめなのが、ニートでも応募できる求人を紹介してくれる就職支援サービスやエージェントの利用です。

その多くは20代を対象にしていますし、何よりもそういったサービスに求人を出している企業は職歴よりも、若くてやる気のある人材を求めたり、人を見て判断してくれる企業が多いので、内定がもらえる可能性も1番の方法に比べると高くなります。

【参考記事】

ニートにおすすめの就職支援サービスはこれ!おすすめ人気ランキング4選
ニート生活が長いと就活もどのようにすればいいのかや、何がわからないのかがわからないためなかなか行動ができないという方もたくさんいます。就職支援サービスはそんなニートもサポートしてくれるのですが、どこを選べばいいのか迷ってしまいますよね。今回は、ニートにおすすめの就職支援サービスを人気ランキング形式でご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

ニートの具体的な就職活動の方法

ここからは、ニートの就職活動の方法について見ていきましょう。

先ほど紹介した自分で探す方法と、支援サービスを利用する方法によって多少異なりますが、大まかには同じです。

1:自己分析・希望条件に優先順位をつける

2:求人サイトや就職支援サービスに登録

3:気になる求人に応募する

4:履歴書や職務経歴書の作成
(支援サービスならエージェントから書き方などの添削もしてもらえます)

5:書類選考
(支援サービスの中には選考なしのところも一部あり)

6:面接対策
(支援サービスならエージェントによる模擬面接や対策があり)

7:面接本番・内定

このような流れになります。

自分で探すにしても就職支援サービスを利用するにしても、まずはあなた自身の希望する職種や業種・条件などがわかっていないと探すことができませんので、まずは希望条件を明確にしておくことが大切です。

 

そこから、求人サイトに登録したり、ハローワークで探したり、支援サービスに登録をするとスムーズに求人を探すことができるようになります。

ですが、学校卒業後働いた経験がないという方は、履歴書などの書き方も分からないと思いますので、無料で教えてくれる支援サービスの利用がおすすめです。

履歴書の内容で書類選考が決まるといっても過言ではないほど大切なものですからね。

これまでに書類選考で何度も落とされているという方も、この機会に一度相談をしてみるというのもおすすめですよ。

 

さいごに

いかがでしたか?

今回は、ニートの就活はつらい!?知らないと厳しい就職活動の方法について解説してきましたが、いかがでしたか。

実際、今の世の中は人手不足とも言われていますが、すべての業界が人手不足というわけでもありませんので、あなたの希望する職種や業種によってニートの就職活動のレベルは変わってくると思います。

また、職種や業種によっては忙しい時期というのも異なりますので、なかなか求人が見つからない場合は探すタイミングが悪かっただけという可能性もあります。

 

とはいえ、求人を出しているということは、ニート以外にもフリーターや転職希望者も同じように求人い応募をしている可能性が高いので、ニートにはなかなか厳しい状況であることは間違いありません。

ですが、そこで諦めてしまったらより自分を追い込んで就活をもっと厳しい状況にしてしまう可能性もあるということを理解したうえで、すぐに諦めずに行動していくようにしましょう。

 

ニートの就職活動で大切なことは、

1、自己分析をする
2、希望条件には優先順位をつける
3、すぐに諦めたりしない

この3つです。

最近では、就職支援サービスという登録も会費も完全無料のサービスもいろいろと増えてきていますので、上手に活用しながら、少しでも要条件の企業に就職できるように利用していきましょう!

 

 

ニートの就活に強い!おすすめの就職支援サービス

就職shop

リクルートキャリアが運営する人気サービスで、すでに10万人以上もの人が利用しています。すべてが正社員求人で、ニートから正社員になった人もいるので利用する安心感もありますよね。

就職shopの安全性や危険性

 

ジェイック

メディアなどでよく紹介される話題の就職支援サービスです。他のはない特徴として約20日間の研修制度があるので、入社する前に現場の雰囲気などを体験することができます。

ジェイックの安全性や危険性

 

DYM就職

ニートもOKと公式でもしっかりと明記されてる人気就職支援サービスです。就職率96%と高い実績があり、ニート歴5年もある人が正社員になったという人もいるほどです。書類選考なしで直接面接ができるところも強みの1つです。

DYM就職の安全性や危険性

 

【関連記事】

>>ニートにおすすめの就職支援サービスはこれ!おすすめ人気ランキング4選

>>引きこもりニートにおすすめのアルバイト5選と探し方を分かりやすくご紹介