ワークポートの求人は?求人数や地域、職種などを徹底解説!

ワークポート

ワークポートは、IT/WEB業界に強いのはもちろん様々な職種や業種の求人を取り扱っている総合系転職エージェントです。

求人数も豊富で、日本全国に対応しているということで多くの人が利用して転職活動を行っています。

ですが、ネット上の口コミでは「求人数が少ない」とか「IT/WEB業界ばかり」などのような声を見かけたりするので、興味はあっても登録するべきか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、ワークポートの求人について徹底検証してみましたので、これから転職活動を考えている方も、ぜひ最後までご覧ください。

 

↓「ワークポートとは?」という方はまずはこちらをどうぞ↓

WORKPORT(ワークポート)とは?特徴や強みをわかりやすく解説!
WORKPORT(ワークポート)転職エージェントは、日本全国に対応している人気サービスです。様々な職種や業種の転職サポートに対応しているため、これから仕事探しをされる方にとってもかなり魅力的ですよね。この記事ではワークポートの特徴や強みについて具体的にわかりやすく解説していきますので、登録に悩んでる方も是非お役立てください。

 

 

ワークポートのエリアごとの求人について

それではまずは、日本全国に対応しているというワークポートの求人の数をエリアごとにチェックしてみました。

【エリア別求人数】

●北海道:130件
●東北 :1023件(青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県)
●関東 :14,727件(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県)
●甲信越・北陸:523件(山梨県・長野県・新潟県・富山県・石川県・福井県)
●東海 :2,449件(静岡県・愛知県・岐阜県・三重県)
●関西 :5,464件(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・歌山県)
●中国 :1,041件(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)
●四国 :285件(香川県・徳島県・高知県・愛媛県)
●九州 :2,151件(福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県)
●沖縄 :127件
●海外 :23件

※求人数は2019年11月に集計しています。数は常に変動していますので参考としてお考え下さい。

 

求人数が一番多いエリアは

ワークポートは全国に対応していますが、その中でもダントツで多いのが関東エリアです。

中でも首都圏が一番求人数が豊富です。

これは、メインとなるIT/WEB業界の企業が首都圏に集中しているというのも理由の1つでしょう。

ワークポートに限った話ではないですが、IT系に強い転職エージェントは首都圏に求人が集まっているのが特徴です。

 

関西や東海エリアでも求人探しをしやすい

首都圏以外では、関西エリア関東エリアが次に求人数が多くなっています。

これは、拠点が名古屋や大阪、京都などにオフィスを持っていることからも、そのエリアで積極的に求人を集めているというのが良くわかりますね。

これらのエリアの求人数も豊富ですので、関西や東海地方にお住まいの方で地元で転職活動や仕事探しをされる方にも利用しやすいというメリットがあります。

 

エリア別の求人数まとめ

エリア別に求人を調査してみると、やはり全国にバランスよくあるというわけではありませんでした。

ですが、今回地域ごとに調べてみたのですが、47都道府県で求人数が0件というところはありませんでしたので、全国で利用しやすい転職エージェントといえるでしょう。

数は少ないですが、海外求人にも対応しているところもスゴイですよね。

 

ワークポートの取り扱ってる職種について

ワークポートは、前回に利用者の口コミなどを調べているのですが「IT/WEB業界の案件ばかり」というような声もありましたが、実際はどうなのでしょうか?

そこで、保有してる案件の職種についても具体的に見ていきましょう。

●ソフト開発/システムエンジニア系:6,779件

●クリエイティブ系:1,582件

●ネットワーク系:1,761件

●サポート系:1,558件

●研究、製品開発/品質・評価系:1,888件

●コンサルタント・プリセールス系:1,165件

●ゲーム関連:1,339件

●ものづくりエンジニア系:4,772件

●金融・保険・証券:30件

●建設・土木・プラント:2,809件

●不動産:428件

●営業:4,073件

●事務・管理系:1,810件

●企画系:401件

●マーケティング・プロモーション:1,082件

●役員:36件

●販売・サービス系:2,249件

●その他専門職:200件

●未経験・第二新卒:3,184件

●その他:78件

※2019年11月時点での求人数で、数は常に変動していますのであくまでも参考にお考え下さい。

 

IT/WEB業界の転職に強い

やはり口コミでもあったように、IT/WEB/ゲーム業界の求人数が全体的の多かったですね。

ですが、噂のように大きく偏りがあるというわけではなく、現在では幅広い職種を取り扱っていますし、全体的に見ても求人数はそれなりにあるので、転職活動をする際の幅を広げることには十分利用することができそうです。

 

事務系求人も豊富

近年、事務職のお仕事は正社員よりも契約社員や派遣社員を利用する企業が増えているということもあり、業界でも正社員求人は減少傾向にあります。

中には、事務系を希望していたけれど紹介できる求人がないといわれるエージェントもあるほどです。

 

そんな中、ワークポートには事務系の求人もそれなりにありますので、この業界で転職活動や仕事探しをされてる方には、かなりうれしい結果になっています。

未経験からでもOKというような案件もたくさん見かけましたので、新しい職種にチャレンジしてみたいと考えてる方にもおすすめです。

 

職種まとめ

ワークポートでは、様々な職種から希望のお仕事を探しやすくなっていますし、全体的に求人数はバランスよくあるというのが今回の調査でわかりました。

もちろん、ネット上のレビューにあるようにIT業界が強いというのはもちろんその通りでしたが、総合転職エージェントにリニューアルしているということもあり、現在は幅広い職種を取り扱っています。

ワークポートの求人を年収別に見てみる

ワークポートで取り扱っている求人の想定年収は、300万円前後~1000万円以上まで広く対応しています。

そのため年収を重視して利用を考えている人にとっては、どれくらいの年収企業の案件が多いのかも気になるところですよね。

そこでこちらも調べてまとめてみました。
↓ ↓ ↓ ↓

●年収300万円以内:8,483件

●年収301~500万円:25,944件

●年収501~700万円:19,266件

●年収700~1000万円:7,614件

●年収1001万円以上:808件

※2019年11月時点での求人数で、数は常に変動していますのであくまでも参考にお考え下さい。

 

未経験の就活や転職に最適

ワークポートで取り扱ってる求人の中でも年収が特に多いのが、「301~500万円」になります。

その数は25,000件を超えるほどです!!

転職エージェントの中では、600万円以上の求人ばかりを取り扱っているところも増えていますが、ワークポートを見てみると、想定年収はそこまで高いというわけではありません。

 

つまり、未経験者やキャリアチェンジを目的に利用を考えている人に向けた案件がたくさんあるということです。

事実、未経験や第二新卒歓迎の求人も多いので、職歴に自信がない若い人ならこの年収なら豊富に選べる求人があるというのが良くわかります。

 

年収アップにも使える

さらに注目するべきところは、501~700万円の求人も充実しているということでしょう。

もちろんこのケースは職種にも偏りがあるものの、経験を活かした転職を考えている人や、さらなるキャリアアップを目指している人にも使いやすいということがわかる結果になりました。

今の職種には満足しているけれど、年収に不満があるという方にとっては利用することでキャリアアップを目指せる可能性も高まるといえるでしょう。

 

ハイクラスの方にも使いやすい

ワークポートには年収1000万円越えの案件もそれなりにあります。

こういった求人は、確かな実績と保有している資格など、応募条件もかなり難しくなっているものの、ハイクラス求人まで対応しているのはスゴイですよね。

 

さいごに

今回は、ワークポートの求人についていろいろ調べてまとめてみました。

☑求人数

☑職種

☑年収

これら3つについて解説してきましたが、求人数は全国に対応しているうえに、豊富な職種でだれでも気軽に使いやすくなっています。

しかも、年収幅からは未経験や第二新卒から、キャリアアップやハイクラス求人まで、誰にでも対応できるような充実っぷりが良くわかりましたね。

以上、ワークポートの求人について徹底解説してみました。

 

もっと詳しい内容については公式サイトをどうぞ

公式サイト:未経験からの転職ならWORKPORT

▼こちらから「ワークポート」に無料登録できます▼