学歴不問や経験不問の求人は怪しい?受かりやすいのか?転職の裏事情を徹底解説!

就職・転職・仕事探しコラム

「学歴不問や経験不問の求人ってブラックじゃないの?怪しい…。」
「不問といってるのだから受かりやすそう」

求人サイトやハロワなどで仕事探しをしていると、求人票の中に『学歴不問』や『職歴不問』と書かれてるものもありますよね。

パッと見は、採用されやすくだれでも応募することができるような仕事内容だったり、会社のように感じるかもしれませんが、仕事内容を細かくチェックしてみると「本当に未経験でもできるの?」というような内容の求人もありますよね。

なにより、それで応募して不採用になったら嫌ですよね。

そこでこの記事では、学歴不問や経験不問などの記載についてわかりやすく解説していきます。

 

【このページがとくにおすすめな方】

・これから就活・転職活動を始める方
・職歴に自信がない方
・学歴に不安がある方
・不問というワードを怪しく感じてる方
・未経験の業界で就職を考えてる

このような方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

未経験者歓迎の裏事情

求人票には、様々な”不問”で応募できる未経験者歓迎求人たくさんあります。

この『未経験者歓迎』ですが、まずは3つのパターンがあることを知っておきましょう。

1:仕事経験がゼロの方
2:業界の未経験
3:職種の未経験

まずは、あなた自身がこの3つのどれに当てはまっているのかをチェックしていきましょう。

ここからは、3つの特徴をまとめていきます。

 

【仕事経験がゼロ】

これは、新卒者やフリーターなど社会人経験(正社員)がない人が該当します。

【業界未経験】

これまでに社会人経験はあるけれど、それは他の業界での経験者で、まったく違う業界へ転職を考えている人のことを指します。

例えば、これまで食品会社の営業職で働いていた人が、同じ営業職でもアパレルメーカーへ転職を希望する場合は、業界未経験ということになります。

【職種未経験】

業界とは正反対で、同じ業界で職種をかえるケースになります。

例えば、旅行会社の営業職をしている人が経理部門へ転職をする場合は、職種が変わるので未経験者ということになります。

 

求人を出してる企業は、ここまで細かく指定していることがないので仕事内容などから、どのような人材を求めているのかも推測する必要があります。

そのとき、「自分は?」とならないように、まずはこの3つのどれに当てはまっているのかを確認しておくようにしましょう。

 

「経験不問」や「学歴不問」の未経験者歓迎の企業側の3つの狙い

経験・学歴不問の未経験者を募集する企業はどのような目的やねらいがあるのか、というと3つあります。

1、応募者数を増やすため

求人を募集するということは、人材不足か事業の拡大などの理由があるときです。

どちらにしても、これまでの人員では手が回らなくなってしまうので、より多くの人材を必要とすることになります。

 

そんなとき、募集条件に「〇〇資格所持してること」「経験者」など条件を絞るほど、応募する人は少なくなってしまいますよね?

そこで少しでも多くの人に応募してもらうために、未経験者歓迎として求人を出しています。

このケースで求人を出している企業は、未経験者でも応募はできるようにしながらも、応募者の中に経験者がいる場合には、そちらを優先することはほぼ確実です。

 

2、初心者でもできる仕事のため

正社員の仕事といっても、特別なスキルや経験がなくてもできるような仕事もあります。

このようなケースでも「未経験者歓迎」として経験や学歴不問で募集することがあります。

 

ただし、誰にでもできる仕事というのは、単純作業であったり雑務や接客などの仕事内容が多いですし、肉体労働の求人に多い傾向があるので体力に自信がない方は、必ず仕事内容を確認するようにしましょう。

詳しい記載がない場合は応募する際に、しっかり確認することも大切です。

 

3、前職の経験を活かせる人を集めたい場合

業界や職種が未経験でも、これまでに社会人経験がある人を募集することで、前職の経験を活かすことができる人を募集しているケースもあります。

その業界での経験は全くないとしても、業界に関しての知識を持っていたりスキルを活かすことができる仕事ができるような人材を募集しているケースもあります。

 

気を付けよう!ブラック企業にありがちな〇〇という言葉

求人票には様々な企業のアピール文が記載されていますよね。

ここからは少し見方を変えて、ブラック企業が良く使う言葉についてもご紹介していきます。

 

【学歴不問・経験不問】

このような記載がある求人は、これまでに紹介した一般的な会社だけが使っているわけではありません。

なぜなら、不問や未経験者歓迎という言葉は、

「自分でも受かりやすそう」
「経験や資格がない自分には安心感がある」

このような気持から応募する人が多いですよね。

 

実際、学歴も経験にも自信がない人は求人サイトで、このようなキーワードで検索するかと思います。

ですが、中には悪質なブラック企業なども紛れ込んでいる可能性もあるのです。

この場合は、以下のようなケースで人手不足になっている可能性があります。

・過酷な労働環境で辞める人が多い
・新卒の応募者が少なかった(魅力を感じてもらえなかった)
・経験者よりも安く雇うことができる

このような理由から、間口を広げることで人員を確保しようとしています。

先ほど紹介した優良企業の狙いとは全然違いますよね?

ここをしっかりと求人票や会社ホームページなど様々な情報から集めて、どちらに当てはまる会社なのかを調べないと、入社後に後悔する可能性もあるので注意が必要です。

 

【20代~30代の若手が活躍中!】

求人票ではこのような文言を用いている会社も、すべてが優良企業というわけではありません。

このような謳い文句があると「同じ年代の人ばかりで働きやすそう」「頑張れば昇格もできるかも」というようにメリットがあるようにも感じますよね。

実際、本当に若手が活躍している会社も少なくありません。

 

ですが、冷静になってしっかりと調べてみると、若手が多いのではなく離職率が高く、若い人しかいないというケースもあるのです。

つまり、長く働くには厳しい会社という可能性も考えられるので、このようなアピール文がある場合にも、ブラック企業かどうかしっかり調べたうえで応募するようにしましょう。

 

研修制度やサポート体制があるのか確認する

優良企業の場合は、未経験者をポテンシャル採用するところも増えてきています。

専門的な知識やスキルは、これから覚えてもらうことができるので、それ以前に社会人として正しい行動ができる人を重視している企業もあります。

 

このような目的で、未経験者や学歴や経験不問で募集している企業は、入社後の研修制度などサポート体制がきちんと整っているところが多いです。

研修制度がある企業なら、ゼロからでも人材を育成していくことができる環境が出来上がっているし、そのためのノウハウもあるので、安心して働くことができます。

 

このように、未経験者歓迎や〇〇不問で求人を出しているとしても、その狙いや裏事情は企業によって違いがあります。

これらの情報は求人票の仕事内容や会社のページなどをたくさんチェックすることで、どのような人材を必要としている会社なのかがわかるようになります。

なにより、データを集めることでブラックかどうかの見極めもできるようになるので、時間があるときには企業研究をしてみるのもおすすめです。

 

経験不問・学歴不問の就活や転職で失敗しないための方法

ここからは、経験・学歴不問や未経験者の転職や就活で失敗しないための方法をいくつかご紹介していきますので、ぜひお役立てください。

口コミサイトや会社情報を確認する

優良企業なのかブラック企業なのか、見分けることが困難な場合もあると思います。

そこでおすすめなのが、「口コミサイト」や「会社のホームページ」などです。

とくに会社HPは、会社の規模や人員などを把握することができますし、大手になると成長率なども公開しているので、企業研究する際にはとても便利です。

 

口コミサイトというのは「転職会議」など、現在働いていたり、元社員だった人のリアルな体験談が記載されているので、現場の雰囲気や状態を知ることの参考に役に立ちます。

転職会議では、会社の雰囲気から残業時間の目安など、良いところだけではなく悪いところの情報も知ることができるメリットもあります。(登録が必須)

 

【あわせて読みたい】

転職会議とは?特徴やサイトの安全性や危険性について
転職活動をしているときには、企業情報の口コミはとても参考になりますよね。そこで今多くの方に選ばれてるサービスが「転職会議」です。ここでは現役社員や元従業員からのリアルな口コミがありますのでいろいろと参考になると人気です。今回は、転職会議の特徴と、安全性や危険性などについて徹底検証してみましたので、ぜひお役立てください。

 

 

就職支援サービスを利用する

2つ目の方法は、個人だけで情報を集めることには限界もあるので、プロの方にサポートしてもらう方法です。

就職支援サービスでは、自分で企業研究する必要もほとんどなく、プロのエージェントが就職が決まるまで無料で相談から履歴書や職務経歴書の作成・面接対策などまでサポートしてくれます

 

もちろん、就職支援サービスも絶対によいというわけではなく、利用すれば必ず優良企業に就職できる保証はありません。

ですが、自分の今のスキルや経験で応募できる求人を紹介してくれますし、就職支援サービスが持ってる会社の裏事情なども教えてくれるので、参考にしながら応募先を決めることができます。

何より、利用することで世の中には出回らない非公開求人なども紹介してくれる可能性がありますので、可能性を広げるきっかけにもなります。

 

それでも不安な方は、「第二新卒エージェントNEO」や「ウズキャリ既卒」などのように担当エージェントが実際に紹介する求人企業に訪問して視察していることを確認してるサービスを選ぶのがおすすめです。

これなら、労働環境や人間関係までチェックしてきてくれていますので、自分で企業研究をやる必要もなく、安心して就活や転職活動をすることができます。

 

▼第二新卒エージェントNEOの公式サイトはこちら

>>第二新卒エージェントneoとは?安全性や危険性

 

▼ウズキャリ既卒の公式サイトはこちら

>>ウズキャリ既卒とは?特徴や強みについて徹底解説!

 

これらの支援サービスでは、あなたの担当エージェントが内定獲得まで細かいところまでサポートしてくれる他、相談などもできるので、転職活動が初めてという方も安心して利用できるのも魅力です。

もし、紹介された求人に不安を感じるのであれば、少し待ってもらい自分でその企業について口コミサイトや会社HPなどで調べてから応募することもできます。

調べた結果、自分には向いてないと思えば断ることもできますし、その場合も他の求人を随時紹介してくれますので、個人で活動するよりもブラック企業などを回避しやすく、就活や転職活動ができるといえます。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

「学歴不問」や「経験不問」、「未経験者歓迎」という求人も、その企業によって募集を出している狙いは異なります。

 

そして、中にはブラック企業なども紛れていますので、どのような理由で募集を出しているのかをしっかりと見極めることが重要になります。

求人票だけではなく仕事内容やHPなども確認してみたり、就職・転職支援サービスを利用することで、どんな狙いがあるのかをしっかり把握するようにしましょう。

 

【あわせて読みたい】

就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較!人気サイトは?【2020年版】
就職・転職支援サービスを賢く利用することで、無料であなたにピッタリな希望に合った仕事を見つけることができるようになるのです。でも転職支援サービスもたくさんあるのでどこが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較検証しながら詳しくご紹介します。就活が上手くいかずに悩んでる方もぜひ参考にしてみてください
ニートにおすすめの就職支援サービスはこれ!おすすめ人気ランキング4選
ニート生活が長いと就活もどのようにすればいいのかや、何がわからないのかがわからないためなかなか行動ができないという方もたくさんいます。就職支援サービスはそんなニートもサポートしてくれるのですが、どこを選べばいいのか迷ってしまいますよね。今回は、ニートにおすすめの就職支援サービスを人気ランキング形式でご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。