転職の面接で「5年後10年後にあなたはどうしてますか?」と聞かれたら

面接Q&A

転職活動をしていると、面接中に「5年後、10年後にあなたはどうしていますか?」と質問をされることもあると思います。

いきなりそんな先の質問をされてパニックになってしまう人もいらっしゃるかもしれませんね。

この質問をすることにはどんな意味や目的があるのかをしっかりと事前に知っていれば、焦らずに適切に答えることもできるようになります。

 

この質問をすることで面接官は、

●本気で働く意識があるのかを知る
●長く働く意思があるのか?

などについてを確認するために質問をしてきます。

そこでこの記事では、転職面接で質問される「5年後10年後のあなたはどうしてますか?」の質問をされたときの回答例についてわかりやすく解説していきます。

また、聞かれないケースもありますので、その場合についてもご紹介していきます。

 

【このページでわかること】

・企業が未来の自分を質問する理由
・質問に対する回答例
・質問をされないのは不採用?

これから転職活動を始める方も、ぜひお役立てください。

 

転職面接で「5年後10年後のビジョン」を質問する理由とは

まず初めに、企業が「あなたは5年後、10年後にどうしてますか?」という質問をする理由やねらいについてまとめてみました。

・将来についてしっかりと考えをもってりうのか
・企業の社風や方向性とズレていないのか
・会社の仕事内容を理解して応募してきているのか
・向上心があるのか
・本気度の確認

面接の中で質問をされることにはすべてに何かしらの意図があるということは考えておきたいところです。

雑談をするために行っているわけではありませんので、まずはどのような狙いで質問をするのかを理解しておくと、スムーズに回答することができるようになります。

 

質問をする意図が分かれば、回答するときに大切なポイントなども見えてきますよね。

それは、

1、応募企業であなたの希望が実現できること
2、志望動機と一貫性がある
3、成長意欲やビジョンを持っていること

この3つです。

あなたが面接でどれだけ熱心に「10年後の自分は〇〇になりたいです!」と熱弁をふるっても、その応募先の企業ではなくても実現できたり、その判定に応募企業では夢をかなえることができなければ応募のミスマッチをしているということです。

つまり、不採用になります。

 

ですから、このような将来についての質問をされたときに大切なことは、

あなたが応募先の企業で働いて●年後にどのようになっていたいのか?

ここを答えることが重要です。

 

また、成長意欲があるのか、それとも興味本位で応募しているのか確認もしています。

あなたが5年や10年と、これから先をどのように考えていて、どのように成長をしていきたいのか考えを知るために質問をしています。

 

このとき注意したいのは、「目標は高ければいいというわけではない」ということです。

高すぎる目標だと面接官が「その目標はうちでは達成するのが難しい」と判断してしまうと、マッチしていない人物と判断してしまう可能性があるからです。

 

キャリアビジョンの質問例

面接ではビジョンについての質問が良くされますが、企業や面接官ごとに質問の仕方が少し違っていたりもます。

ここでは一般的な例をご紹介していきます。

●あなたは5年後10年後、どのようになっていたいのですか?

●3年後、5年後のビジョンについて教えてください。

●あなたは将来的にどのような役職につきたいと考えていますか?

●当社に入社後のビジョンを聞かせてください。

●3・5・10年後のキャリアプランについて聞かせてください。

言い方は違いますが、どれもあなたのビジョンについての質問になります。

どのような言い方であっても、しっかり答えられるように事前に企業調査をしっかりと行っておきましょう。

 

面接のビジョンについての質問対策

「入社してみないことには仕事の詳しい内容なんてわからない!なんて答えるのがいいの?」

このように悩んでいる方も少なくはありませんが、この考えのままだといつまでたっても採用されることはありません。

 

そのために、就活や転職活動では「企業研究」ということを行います。

もちろん転職活動や終活をしている人は、少なからず応募先の企業については調べていると思います。

そのため、無理してまでいろいろ探しまわったりする必要はありません。

 

ですが、必要最低限な情報などを会社のホームページを見たり求人情報誌や実際に働いている人などから得ることは大切です。

大切な情報をしっかりと頭に入れておけば、面接で突然質問をされたとしても、真っ白になって何にも答えられないということはなくなります。

 

5年後10年後の自分の回答例

ここからは、ビジョンについての質問をされたときの回答例についていくつかご紹介していきます。

【5年後のあなたはどのようになっていたいですか?】

5年後の自分は、御社の向上で周りから一目おかれるような良いチームリーダーになっていると考えております。チームリーダーは、チームをまとめる以外にもラインの流れや問題点・トラブルが当たっとき荷もすぐに対応できるようになっている必要があります。

そのために、自ら積極的に製造工程やラインの流れなどを敷かいりている必要があります。入社後には商品や製品についての知識を増やしながら、将来を考え後輩の育成していくことで、他社にも負けない製品の質を上げながら会社に貢献していきたいと感挙げております。

もう少し長くてもよいかと思いますが、大切なポイントとしては

☑仕事内容を理解している。
☑自分の理想と具体例を入れる
☑会社にどのように貢献していくのか説明している

このようなポイントを交ぜていることで、5年後も期待できそうだと面接官にアピールすることができます。

 

【10年後のビジョンについてお聞かせください。】

御社で仕事を覚え、一人前のプログラマーとして御社に貢献することを5年以内に実現します。10年後には、わたくしも35歳になりますので、自分の仕事はもちろん後輩や新人の教育や指導などにも気を配れる立場の役職についていたいと考えております。

そして、チーム一丸となり目標を達成し、さらに次のステップへと自分を高めることができればと考えております。

ビジョンを語るときには、一気に質問をされた時間の話をするのではなく、その前から具体的に話をしていくのがポイントになります。

そうすることで、より具体的なイメージを持っているということを面接官も感じ取ることができますよね。

 

面接での「5年後」や「10年後」の質問でのNG例

ここからは、回答例としてはふさわしくない例文をいくつかご紹介していきます。

御社で学んだことを活かして10年後には起業をしたいと考えております。

仮に将来的に独立して起業を考えていたとしても面接でいうのはNGです。長く働く意思がないのがわかってしまいますので、不採用になります。

 

5年後の自分は御社で働けているのか自信がありません。これまでに社会人経験もなく、辞めている可能性もあるからです。

正しい意見だったとしてもネガティブな内容の回答は、望ましくありません。もし本当に思っていたとしても、面接では伝えずにいましょう。

 

「5年後、10年後の自分」について質問されないのは不採用だから?

面接で自分なりに対策をして臨んだのに、「将来の自分」についての質問をされないと不安になってしまいますよね。

ですがご安心ください。

どの業界でも、必ずこの質問がされるわけではありません

 

質問をされなかったとしても採用されている方はたくさんいらっしゃいますので、

「5年後や10年後の自分について聞かれなかったから不採用なのかな?」

と不安になる必要はありませんよ。

面接官や企業の方針などにもよって、面接の内容には違いもありますので、しっかり企業調査をしてどんなことを聞かれてもいいように対策をしていきましょう。

 

転職面接の対策に転職エージェントも利用する

これまでに、転職面接での「将来のビジョン」の質問をする目的や理由や、その回答例についてご紹介してきました。

ですが、それでも自分に合った回答が思い浮かばないという方も多いと思います。

 

そこでおすすめなのが、無料で転職サポートをしてくれる「転職エージェント」です。

求人の紹介から書類作成や面接対策、そして企業との交渉などまでを完全無料でサポートしてくれます。

 

なにより、転職エージェントは企業とのつながりもあるので、面接でどのような質問をされるのか?というデータも取り扱っています。

つまり、面接対策を受けることで、このような質問をする企業の傾向から、あなたに合った回答の仕方までをいっしょにエージェントが考えてくれます

 

当サイトでは。利用者満足度の高いおすすめエージェントを以下のページでまとめていますので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

▼あわせて読みたい!▼

就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較!人気サイトは?【2020年版】
就職・転職支援サービスを賢く利用することで、無料であなたにピッタリな希望に合った仕事を見つけることができるようになるのです。でも転職支援サービスもたくさんあるのでどこが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較検証しながら詳しくご紹介します。就活が上手くいかずに悩んでる方もぜひ参考にしてみてください