映画館バイトのメリット、デメリット!受かりにくいという口コミ評判は?

アルバイト情報・コラム

映画館でのアルバイトに興味があるけど、受かりにくい・落ちたという噂も気になる

映画好きにとってはアルバイト先で映画館を選ぶという方も多いと思います。

ですが、ネット上でいろいろと情報を集めてみると「受かりにくい」「落ちた」なんて体験談も多く見かけるので不安になってしまいますよね。

また、メリットはもちろんですが、働くことのデメリットについても気になりますよね。

そこでこの記事では、映画館バイトのメリットやデメリットの他、さらに受かりにくいという噂の真相についてもわかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

映画館バイトの評判・口コミは

まずは、実際に映画館バイトをされている方はどう感じているのか、評判や口コミについてチェックしていきましょう。

悪い評判と口コミ

●時給は全体的に低いところが多いのガッツリ稼ぐのは無理。

●立ちっぱなしの仕事なので足や腰が痛くなることがある。

●平日はまだしも、休日や連休はお客さんが増えるのでかなりの重労働。

●夜遅くまで営業している映画館だと、酔ったお客様が来ることもあって対応につかれることもある。

●掃除も映画館が広いと座席周りなどが大変。

やはり週末や連休などはたくさんの方が映画館にくるので、どうしても忙しくなってしまうのは仕方がありません。

とはいえ、休日などに忙しくなるのは他の娯楽施設も同様ですからね。

立ち仕事になるので、足腰が弱い人にはキツイと感じる方もいらっしゃるようです。

 

良い評判と口コミ

●映画が大好きなのでバイトに選んだのですが、お客様が少ない時などに見せてもらうことがあるなど楽しく働けた。

●バイトをしていると割引チケットをもらえたりと、映画好きにはうれしい特典があった。

●バイトをしている仲間も映画が好きな人が多いので話で盛り上がったりと職場は楽しい。

●新しい映画などもチェックすることができたり、最新情報を知ることができるのはうれしい。

●職場にもよると思うけど、映画が無料で見れたりポップコーンを安く買えたりする。

●若い人も多く出会いもたくさんあった。

映画館バイトでは、悪いところだけではなく、このように満足される方も多かったです。

とくに最新の情報をチェックすることができたりするのは、映画館バイトならではの特典みたいなものでしょう。

 

また、バイトをしているのは学生やフリーターなどの若い人も多いので友達ができたり、出会いがあったりするというのも魅力的です。

店舗によって異なるものの、映画が無料で見ることができるケースや、ポップコーンなどのお菓子類を割引することができるところもあります。

 

映画バイトのメリット

映画バイトをすることにはどのようなメリットがあるのかもチェックしていきましょう。

●映画を無料で見たりポップコーンが安く買える

●やりがいがある

●最新の映画情報をいち早くゲットできる

●都内の場合は、芸能人を見ることができることがある

映画館のバイトは仕事的には大変なところも多いのですが、やりがいも感じられるのが特徴です。

さらに、社員特典で映画が無料もしくは割引になったりするところもあるのは、映画が大好きな人にはとてもうれしいメリットでしょう。

 

映画館には常に最新情報も届くので、映画についての情報を先取りすることができたりするのもうれしいですね。

都内でバイトをすれば稀に芸能人が試写会に出てくることもあるので、芸能人を直接見てみたいという人にもおすすめです。

 

映画バイトのデメリット

次に、映画バイトのデメリットについても働く前に知っておきたいところです。

●時給が低い

●休日や連休が忙しく、友人や家族と休日がズレやすい

●基本的に立ちっぱなしの仕事なので、慣れるまでは足腰にくる

このようなデメリットもあります。

時給については800円~1,000円くらいのところが多いです。深夜の時間帯なら深夜手当もつくので効率よく稼ぐのなら深夜帯の募集をしている映画館に応募するのもポイントです。

また、土日や連休が忙しくなるため休みを取りにくく、友人や家族と休みの日がズレやすいというのもデメリットでしょう。

 

映画館バイトの仕事内容について

映画館バイトの仕事内容は大きく以下の3つにわけることができます。

1:ボックス

2:フロア

3:映写(プロダクション)

それぞれの仕事内容についてもっと具体的に見ていきましょう。

 

■ボックス

ボックスのお仕事は、受付全般がお仕事になります。

チケット販売をしたり販売機の案内などが主なお仕事です。

レジ操作なども覚える必要がありますし、忙しい時にはテキパキとこなしていく必要があるので、少しでも早く慣れたほうが良いでしょう。

お客様と接するお仕事ですので、コミュニケーション能力も求められます。

 

■フロア

フロアとは、業務案内や販売などの仕事を担当するのがお仕事です。

チケットをチェックしたり、お客さんの案内、清掃など様々な仕事を任されます。

上映時間が決まっているので案内のお仕事は難しさはないもののスピード重視。

清掃も次の映画が上映されるまでに、客席周りをきれいに片付けるお仕事があるので重労働の1つです。

 

■映写(プロダクション)

映写とはプロダクションともいわれるお市議とで、映画を上映するための準備をしたり、映写機のメンテナンスを行います。

映画が上映できるかどうかのとても大切な部署でもありますので、バイトで募集を出すということは稀です。

 

映画館バイトの面接についてのアレコレ

映画館のアルバイトでも面接は必ず行われます。

そこで、どのようなところに注意すればよいのか具体的に解説していきます。

 

■服装は清潔感のあるもの

スーツで行く必要はありませんが、アルバイトといっても接客業の1つですので清潔感は大切です。

ジーパンを履く場合も、ダメージジーンズなどは避けるのが賢明です。

また肌の露出が多い服装もNGです。

 

■よく聞かれる質問について

映画館のバイト面接でとくに質問されるのが、

☑どれくらい働けるのか

☑シフトについて(週に何回・時間など)

☑志望動機

☑好きな映画

このような質問が多いです。

こういった質問がされるのがわかっていれば事前にある程度の対策もできますので、後は本番で受け答えはハッキリと行うように心がけましょう。

 

映画館バイトに容姿が重要なの?

結論から先に行ってしまうと、容姿(ルックス)が良い人ほど採用される可能性が高まります

とくに受け付けスタッフは、お客様を案内するお仕事で映画館の顔ともいえる大切な部署です。

そのため、求人が出ている仕事内容によってはルックス重視ということも考えられるので、しっかりと内容についても確認しておくようにしましょう。

 

ですが、容姿が悪いからといって必ず不採用になるというわけでもありません。

コミュニケーション能力などをアピールしたり、受付以外のバイトを探せば映画館でアルバイトすることは誰にでもチャンスがあります。

 

映画館バイトのおすすめの探し方

映画館のアルバイト情報は、求人雑誌や店頭の広告、求人サイトなどいろいろとあります。

ですが、せっかくアルバイトを始めるのなら採用されると特典付きのサービスを利用したほうがお得になるのでおすすめです。

 

最近は「お祝い金」という特典がもらえるアルバイト求人サイトも増えてきているので、こういった無料で利用できるサイトの利用をすると、他の人よりもお得にバイトを始められます。

お祝い金制度を導入しているサイトはいろいろありますが、その中でもおすすめが「マッハバイト」と「アルバイトEX」です。

どちらも上場企業が運営する国内最大級の求人サイトで、多くの方が利用していますので安心感もありますよね。

 

【マッハバイト】

全国およそ20万件の求人が集まり、毎日更新されているので穴場のバイト情報にも出会える可能性が高い人気サイトです。

会員登録して採用されると、5,000円~1万円のお祝い金が最短で翌日にあなたの口座に振り込んでもらえます。

▼こちらから「マッハバイト」に無料登録できます▼

>>マッハバイトのお祝い金制度について

 

【アルバイトEX】

国内最大級の求人数を誇る人気サイトです。お祝い金はもれなく3万円と高額ですが、対象求人以外ではもらうことができないのが残念なところ。

とはいえ、求人数はマッハバイトよりも圧倒的に多いのでより希望のバイト情報に出会える可能性が高まります。

▼こちらから「アルバイトEX」に無料登録できます▼

>>アルバイトEXのお祝い金制度はこちら