履歴書不要のバイトは怪しい?なぜ不要なのか分かりやすく解説

アルバイト情報・コラム

アルバイトを探すときに求人サイトを見ていると「履歴書不要」という求人もよく見かけることがると思いますが「応募しても大丈夫かな?と不安になってしまいますよね。

怪しい仕事だったらどうしよう…」
危険な仕事なのかな?」

というように、いろいろ疑問もあると興味はあっても応募しようか迷ってしまいますよね。

 

そこでこのページでは、履歴書不要のバイトは怪しいのかについて分かりやすく解説していきます。

今までも興味はあったけど応募してこなかったという人も、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

履歴書不要のアルバイトは怪しい?その理由とは

履歴書不要のアルバイトは、なぜ必要としていないのかについてはいくつかの理由が考えられます。

そういった一般では知ることができない情報をしっかり理解することで安心して応募をすることができるようになることでしょう。

 

理由1:専用履歴書が用意されている

一般のアルバイトは、自分で市販で購入した履歴書に職歴や経歴、学歴などを記入していき提出しますよね。

ところが、バイト先によっては市販の履歴書では知ることができない情報を書いてほしいので、専用の履歴書をバイト先であらかじめ用意しているケースがあります

 

この場合は、当然そのバイト先が用意した履歴書に記入することになるので、「不要」ということになります。

ですので、「履歴書不要=履歴書を書かなくてよい」というわけではなく、「履歴書が不要な場合はバイト先に面接に行ったときに、そこで簡単な履歴書を書く可能性がある」ということです。

 

理由2:採用後に提出する可能性

応募をするときには履歴書不要となっていても、面接をして採用された場合に必要書類の提出の中に履歴書が含まれているケースもあります

こういったアルバイト先では、事前にある程度の情報は面接をしながら口頭で確認しています。

不採用の人の履歴書も、個人情報には変わりないですから適切な取り扱いや送り返すという手間を省くために、このように採用が決まってから提出を求められることもあります。

 

理由3:応募者を増やそうとしている

短期バイトなどは毎回履歴書を作成するのは面倒に感じたりもしますよね。

これが理由で応募する人が減っているということもよくあります。

 

そこで、短期バイトの場合では最近は「履歴書不要」というメリットを出すことで、応募してくる人を増やそうとしています

短期バイトや単発のバイトは、すぐにでも人手が欲しいところばかりですので、応募者がいないというのが一番困ってしまいますよね。

そこで、あえて応募しやすい状況にすることで、たくさんの人に応募してきてもらおうという狙いがあるのです。

 

なぜ履歴書の提出が必要なの?

では、何で履歴書の提出が必要になるのでしょうか?

履歴書というのは、応募してきた人の学歴や資格、得意なことなどの情報を記載することで、採用担当者はいちいち質問をしなくてもよくなります。

 

また、丁寧に書いているのか?熱意はあるのか?というようなところも、たくさんの履歴書を見てきている面接官になると履歴書1枚からでもいろいろな情報を読み取ることができるようになります。

つまり、ここである程度採用・不採用の判断を行っているといっても過言ではありません。

不要であっても後で提出する可能性もありますので、丁寧に書くことは忘れないようにしましょう。

 

履歴書不要のバイトはどんな仕事があるの?

ここからは、履歴書不要のアルバイトにはどのようなお仕事(職種)があるのかについても見てみましょう。

先ほども少し話の中にありましたが、短期や単発系のアルバイトは履歴書が不要となっている仕事が多い傾向にあります

 

具体的な例を挙げてみると、イベントスタッフや引越し、飲食店やアパレルなどは、求人サイトを見ていても、すぐに面接を行ってくれるところが多いですね。

もちろん、例で挙げたすべてのバイト先が履歴書がいらないということではありませんので、必ず応募条件や持参するものを確認するようにしましょう。

 

また、少し特殊な例ですが、派遣会社に登録するときに履歴書を提出することになりますよね?

その派遣会社を使う限りは、新しい応募先を見つけたときも履歴書は会社にあるので、毎回提出する必要がありません。

近年、「派遣バイト」というジャンルも登場していますので、毎回履歴書を書くのが面倒という方は、派遣を使うというのも1つの方法です。

 

履歴書不要での注意点

気軽に応募ができる履歴書不要のアルバイトはそれだけでも大きなメリットに感じますが、気を付けたい注意点もあります。

 

メモ書きを用意しておく

アルバイト先が用意した書類に、あなたのこれまでの情報を記載するケースもありますので、事前に簡単なメモなどにまとめておくと、いざという時にも安心できます。

自己PR分や職歴、資格などは忘れがちになることも多いと思いますので、事前に下書きしておくと安心感が違います。

 

採用率について

不要にすることで「たくさんの人に応募してほしい!すぐに欲しい!」というお店や会社が多いです。

そのため、経歴や資格を問わないというケースも珍しくありません。

 

そこで気になるのが「採用率は高いの?」ということですよね。

結論から言えば、採用される可能性は一般のアルバイトと変わりません

履歴書ではなく、人の性格などを面接で観たうえで採用するかどうかを判断していますし、なにより時給などの条件が良ければ応募者も増えますので、履歴書不要だからといって採用率が高くなるということはありません。

面接であなたのことをしっかりアピールすることができるように、事前に練習も行うようにしましょう。

 

嘘をついてもばれない?

履歴書がいらないということは、名前や年齢、経歴など嘘をついてもばれないのでは?と思いますよね。

ですが、仮にあなたのことを採用するとなったときには、あなたの情報を労働者名簿に記載する必要があるのです。

これは、労働基準法の第107条で会社に義務つけられているのです。

 

そこで嘘をついてしまうとあなたの評価は著しく低下してしまい、そのままクビになってしまうことでしょう。

今の世の中、会社の横のつながりもどこであるのか分かりませんので、情報を偽って応募をしないようにしましょう。

 

履歴書不要のバイトはブラックは本当なのか?

これは一概にはいうことができないのですが、確かにブラックバイトも少なからず存在しています。

ですが、ホワイトバイトの方が圧倒的に多いですのでそこまで不安になる必要はありません。

とくに短期や単発バイトはすぐに人手が欲しいから、応募のハードルを下げるために履歴書を不要にしているので、より安心できるかと思います。

 

ただし、長期バイトにもかかわらず履歴書が必要ないという場合は、一応そこのバイト先の情報を集めてみましょう。

ネット上の口コミや友人・知人などから内部情報を得ることもできるので、不安があるときには自分で情報を集めることも大切です。

 

履歴書不要のバイトがおすすめな人

ここからは、履歴書が不要なアルバイトはどのような人におすすめなのかについても解説していきます。

・書類選考なしで面接からバイト探しをしたい人

・履歴書の書き方が良く分からない/自信がない人

・毎回履歴書を書くのが面倒に感じる人

このような方におすすめです。

書類選考がなく、いきなり面接から行うことができるので内定をもらえるまでがとても速く、少しでも早く働いてお金を稼ぎたいと考えている人に最適です。

 

また、履歴書の書き方がわからなかったり苦手という人にもおすすめです。

誰でも最初は書き方は分からないところからスタートしていますので、後は正しい知識を得たうえで何枚も作っていくことで自然と面接官にアピールできる履歴書は書けるようになります。

でも、なかなか勉強する時間も無ければ努力するのも嫌いという人も多いことでしょう。

そういった人でも気軽に応募ができるようになっていますので、しっかり募集内容を確認したうえで応募をしてみましょう。

 

最後に

アルバイトといっても履歴書が必要なこともあれば、不要なケースもそれぞれあります。

「不要」なんて聞くと、ブラックバイトでは?と怪しく感じてしまうかもしれませんが、その理由もなんとなく分かってくると安心感がありますよね。

 

ただし、不要となっていたと捨ても、採用が決まったときに提出を求められる可能性もありますので、そこの部分は面接時などに質問をしておくのもいいかもしれませんね。

基本的には単発・短期のバイトがメインになっていますので、短期間だけ働いて稼ぎたいという時には利用してみるのもおすすめです。

 

 

このページをご覧になられた方は、下記記事もご覧になっています。

>>短期バイトの賢いおすすめの探し方や短期のおすすめバイト

>>祝い金がもらえるアルバイト求人サイトを賢く使おう!