賞状書士の仕事内容と資格や通信講座をわかりやすく解説

転職・副業の資格と通信講座

賞状書士とは、賞状や卒業証書などに美しい文字を書くことが主な仕事になります。

賞状などは学生時代にもらったことがあるという方も多いと思いますが、きれいな文字で名前や文章が書かれているのを見たことがある方も多いことでしょう。

こういった文字を書くことを仕事にしているのが「賞状書士」になります。

 

特別な資格はもっていなくてもできるのですが、仕事として働いている人の多くは関連する民間資格や関連資格を持っている人が多いのです

そして、このお仕事は家にいながらでもできるバイトとして求人が出ていることも多いため、在宅ワークを探している女性や高齢者の方にも人気があります。

他にもプライベートでも活かすことができるというのも大きなメリットの1つ。

この記事では、賞状書士の仕事内容から資格や通信講座についてわかりやすく解説していきます。

 

【このページでわかること】

・賞状書士の仕事内容
・給料や年収について
・資格の必要性
・賞状書士がおすすめな方
・賞状書士の通信講座

 

 

賞状書士とは

「賞状書士」とは、賞状に文字を書くことを仕事としている人のことです。

賞状以外にも、ポスターや名札、感謝状、あて名書きなど、意外と身近なもので多くの仕事があるというのが特徴です。

賞状書士はキレイで美しい文字を書くプロですので、文字を書くことすべてが職場となりうる可能性を秘めているのです。

 

在宅ワークのアルバイト求人は今でもありますので、主婦や自宅で働きたいという方に人気が高いです。

近年はパソコンを使うことが増えているので、仕事量としては昔ほどではないものの、手書きだからこその温もりのある文字を求めて募集を出している人も増えています。

 

賞状書士の具体的な仕事内容

賞状書士の仕事は文字を書くこと全般になります。

例えば、以下のような仕事がありますよ。

・賞状
・感謝状
・贈答品
・名札
・ポスター
・招待状
・祝辞
・席札
・のし紙

など多彩な分野で活躍することができます。

ですが、いずれも大切な場面で使うことが多いので、美しい文字で書くことができる高度な技術力が求められることになります。

 

仕事の依頼先としては、学校から企業、役所、結婚式場、神社などさまざまなところから依頼をされることになります。

依頼主から仕事を受注して、用紙や原稿を受け取り作業をします。

多くは自宅で仕事をすることができるので、家事や育児で外に働きに行くことができない主婦のお小遣い稼ぎとしても需要があります。

 

賞状書士の年収や給与について

賞状書士を仕事として興味を持ってる人が気になるのは”収入”ですよね。

他のアルバイトなどとは異なり、賞状書士の収入は完全出来高制となっています。

つまり、仕事量や案件の内容などによって収入は大きく変わってくるので、はっきりとした金額はいくことができません。

 

ですが、一般的な報酬単価を知ることである程度の目安になると思いますので、以下にまとめてみました。

・すべて手書き:1枚2,000円~5,000円

・名前だけ書く:1枚200円~400円

賞状1枚につき2000~5000円ほどが多く、スピードが速くなるほど効率よく稼ぐことも可能です。

中には1日4時間ほどの作業をしながら、一か月で10万円稼ぐような人もいるほどです。

主婦や高齢者の在宅ワークとしては、かなり収入が良いといえますよね。

 

とはいえ、常に仕事があるということはありませんので、安定した収入を得ることは難しいです。

少しでも収入を安定させていくためには、自分の技術をさらに磨き、ファンを増やしていくことです。

 

賞状書士の資格は必要なのか

結論から使えると、資格を持っていなくても仕事をすることはできます

ですが、多くの方が賞状書士に関連する講座を受講して何かしらの資格を取得して、その実績をもとに仕事を受けています。

 

報酬単価も高いところからもわかるように、依頼を出す側としても何か基準になる民間資格やスキルを持っている人だと分かったほうが依頼しやすいですよね。

そのため、自分のスキルの証明と依頼主への安心感やアピールのためにも、通信講座などを利用して資格の取得を目指していったほうが最初の仕事探しでの苦労も減ることでしょう。

 

また、賞状書士の資格といっても以下のようなものがあります。

■賞状書士
■賞状技法士

名前は違いますが同じ系統の資格ですし、どちらも国家資格ではなく民間資格ですので大きな違いがあるというわけではありません。

 

ユーキャンの賞状書法講座

ユーキャンを知らない人はいないと思います。

通信講座では国内最大級ので、様々な通信講座を受講して学ぶことができます。

サイト内の「実用講座一覧」の中に「賞状書法講座」があります。

 

この講座では、必要な用具もセットでついてきて、初心者の方でも気軽にレッスンをスタートすることができます。

講座は実践的な3冊のテキストがあるので、はじめての方でも着実に上達することができます。

 

最初は「なぞり書き」レッスンで初心者でも賞状文字のコツをつかみやすくなっているのが特徴です。

賞状書きには欠かせない人名・地名のお手本を、姓300、名前200、地名397収録してるので、マネするだけでも美しい文字を書けるように上達していくことができます。

 

費用は、

・ライトテーブル付き:47,000円(分割 2,980円×16回 総計:47,680円)
・ライトテーブルなし:38,000円(分割 2,980円×13回 総計:38,740円)

となっています。

ライトテーブルは、賞状を書く上でとても便利なユーキャンの秘密道具で、これがあることでよりスムーズに賞状をかけるようになるそうです。

 

それでも専門学校などに通うことを考えると通信講座は低コストで本格的なノウハウや技術を身につけることができるのは魅力ですよね。

 

公式サイトユーキャンの案内資料のご請求はこちら

 

賞状書士のこれからについて

近年はパソコンの性能もどんどん良くなってきていて、手書き風のフォントの種類も増えてきています。

ですが、それでも感謝を表すときや相手への敬意を伝えるときには手書きを選ばれる方はとても多いです。

美しい文字を書くことができる賞状書士の仕事は、これからも裏で社会を支え続けていくことができる立派なものになることでしょう。

 

賞状書士がおすすめな人

・きれいな文字を書ける人

・集中力に自信がある人

・地道に努力できる人

このような方におすすめのお仕事といえます。

小さいころから書を学び親しんできた人なら、資格の取得から仕事受注までは他の人と比べてもかなりスムーズにいくことができることでしょう。

ですが、ライバルもいますので、毎日美しい文字を書くためのトレーニングをする努力は必要になります。

そして、もしミスをしてしまった場合の用紙代ですが自己負担となっていることが多いので、集中力も高いレベルで求められるお仕事でもあります。