履歴書の作成でボールペンを使うときの注意点・選び方

履歴書の書き方

就活をするときはもちろん、アルバイトを探すときにも必要になる「履歴書」は、企業によっては手書きで作成するように求められるケースもあります。

普段パソコンで作成している人からすると、ボールペンを使うにしてもどんなところに気をつければいいのか分からないので不安になってしまいますよね。

とくに書類選考がある企業では、履歴書や職務経歴書で評価されるといっても過言ではありません。

そこで今回は、履歴書にはどんなボールペンを用意するべきか?注意点や選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

これから仕事探しをされるという方も、ぜひお役立てください。

 

 

履歴書はボールペンで作成しよう

履歴書を書くときには、ボールペンで作成することをおすすめします。

中には、万年質やサインペンなどで書かれる人もいるのですが、これらの筆記用具はインクがにじみやすく、かすれたりもしやすいので失敗する可能性が高いからです。

なにより、文字は丁寧で読みやすい方が採用担当者にもアピールしやすくなりますので、普段から使い慣れたボールペンの方が使い勝手が良いのです。

 

履歴書の作成で使ってはいけない筆記用具とは!?

履歴書を手書きで作成するのが初めてという人に注意してほしいのが、使ってはいけない筆記用具があるということです。

知らずに使ってしまうと、一般常識がないと判断されてしまいかねませんので、これから紹介する筆記用具は利用しないように気を付けてくださいね。

 

消せるボールペン

ボールペンといえば、間違えてしまったときにも消すことができないのですが、最近は摩擦熱を使った消せるボールペンが人気がありますよね。

そのため、持っている・よく使っているという人も多いと思いますが、これはNG。

何らかの理由でせっかく記入した文章がこすれてしまったり、消えてしまう可能性もありますので、間違えて使わないように気をつけましょう。

 

シャープペンや鉛筆

履歴書を作成するときには「間違えてもすぐに直せるシャープペンや鉛筆でもいいかな」と考える人もいますが、これもNGです。

なぜなら、履歴書や職務経歴書はとても大切な書類になりますよね?

それが誰でも簡単に修正することができるということは、悪意ある人に改ざんされてしまう可能性もあるのです。

 

なにより、消すことができる筆記用具での作成はビジネスシーンでは正式な書類として認められません。

そのため、このまま書類選考用に提出をしてしまうと、一般常識を疑われてしまうため審査で落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

履歴書用のボールペンの選び方

ボールペンといってもこちらもインクの種類太さなどもいろいろとありますよね。

基本的には、あなたが普段から使い慣れたタイプのボールペンを使うのがおすすめです。

使い慣れていないと文字が上手く書くことができなかったり、誤字が出てしまう可能性も高くなりやすいからです。

 

そして、採用担当者の経験の実績もある私からワンポイントアドバイスをおくるとすると、

【手書きの履歴書では、文字のキレイさよりも丁寧に書こうとしている努力が見えることが大切】

手抜きで作成した文字は、多くの履歴書を見ている人からすれば、丁寧に作成しようと努力をしているのかどうかを判断することができるようになります。

履歴書は、就活や転職活動ではとても重要な書類になるにもかかわらず、丁寧に書く・書こうとする努力が見えないということは、仕事でも手を抜く可能性があると判断されてしまうのです。

ボールペンの選び方は、あなたにとって書きやすく使い慣れたデザインのもを使うようにしましょう。

 

ボールペンの太さは?

ボールペンもインクの太さの種類はいろいろとありますよね。

細いタイプで書くと、文字のキレイさなどは伝わりやすいのですが、その反面、弱々しい印象を与えがちです。

逆に、ペン先が太いボールペンは力強さを感じられるのですが、文字がゴチャゴチャになって字が上手く書けないと雑な印象を与えてしまうことになります。

 

そこでおすすめなのは、0.7㎜~1.0㎜くらいのボールペンです。

もし、あなたの近所に文房具屋さんがある場合は、試し書きなどもできると思いますので、これくらいのペン先のボールペンを試してみてください。

 

ボールペンの「インクの色」は?

インクの色については、中には青でも良いとされているケースもありますが、基本的には『黒』を選ぶようにしましょう。

多くのビジネスシーンでは、黒のボールペンで書類を作成するケースが多いので、履歴書も黒を選んでおくのがおすすめです。

なにより、黒のボールペンを使う人が多い中、一人だけ青の履歴書は異様に感じてしまいます。

 

ボールペンは「水性」と「油性」どっち?

次に、ボールペンには主に「水性」と「油性」の2種類、最近は「ゲルインク」などもありますね。

ここで、どのインクを選べばいいのか迷ってしまい人もいると思います。

 

そこで、いきなり正解を発表すると「油性インクもしくはゲルインク」になります。

水性インクさえ避ければ、油性でもゲルインクでも問題はありませんので、こちらもあなたが使い慣れているインクの種類を使うようにしてください。

 

水性インクがNGな理由は、水に弱いことです。

何らかの理由で水に塗れてしまうと文字がにじんでしまったり消えてしまう可能性もあるし、湿気が多い季節はそれだけでも滲みやすいため、1年を通して使わないというのが原則です。

 

履歴書を作成するときの注意点

ここからは、ボールペンを使って履歴書を作成していくときの注意点について詳しく解説していきます。

 

修正液や修正テープは使えません!

手書きをしている以上は誰でも、書き間違いなどは起こりうるのですが、そのとき履歴書がもったいないからといって修正液や修正テープを使う人もいるかもしれませんが、これはNGです。

履歴書は、とても大切な書類にもかかわらず、修正するようだと『一般常識がなさそう』と判断されてしまうのです。

もしミスをしてしまったという場合は、もったいなくても最初から新しい用紙に手書きで書き直していくようにしましょう。

 

インクがにじんでしまったらどうする?

ボールペンの場合は、手首や洋服の袖口などが当たって、文字がかすれてしまうという可能性もあります。

いくら速乾性があるとはいっても、書いた直後はこのようなトラブルに遭う可能性も考えられるので、注意しながら書いていくことが大切です。

 

もし、何らかの理由でインクが滲んでしまった・・・という場合は、これも先ほどの修正液と同じく、新しい履歴書に書き直しをすることが大切です。

先ほども触れましたが、履歴書を見ている採用担当者は「丁寧に作成しようとしてるのか?」をチェックしています。

文字が滲んでいるということは、丁寧さが足りないと判断されてしまうので、どうしても滲んでしまう場合は、ティッシュや綺麗な用紙を当てておくことでキレイに書き上げることができます。

 

さいごに

今回は、履歴書の作成でボールペンを使うときの注意点や選び方について解説してきましたが、いかがでしたか。

採用担当者は、手書きの履歴書からでも多くの情報を得ることができ、それが書類選考での判断基準にもなっているので、もし職歴や経験に自信があるのになかなか選考が通らないという場合は、今回紹介したポイントを意識しながら作成してみてください。

 

今回の内容をまとめると、

●丁寧で読みやすいように書く

●ペン先の太さは0.7㎜~1.0㎜で選ぶ

●インクの色は「黒」

●インクの種類は「油性」もしくは「ゲルインク」

●使ってはいけない筆記用具もある

●修正液や修正テープは使ってはいけない

このようなポイントを意識しながら、履歴書や職務経歴書を作成していくようにしましょう!

 

 

履歴書や職務経歴書の書き方が分からないという人は、就職・転職支援サービス(無料)を利用するのもおすすめです。

登録から求人の紹介、書類作成・面接対策・企業とのやり取りなどをサポートしてくれるのですが、すべて無料で利用することができます。

しかも、各社が非公開求人や独占求人を保有していたりもしますので、上手に利用することで求人の幅を広げることもできます。

▼おすすめの支援サービスの特徴や詳細は下記ページでまとめていますので参考にしてください▼

>>就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較