転職するときの履歴書の写真はとても重要!服装やポイントについて

履歴書の書き方

転職活動をするときにも履歴書は必要になりますが、そのとき履歴書に貼る写真服装や表情など、どうしたらいいのか迷ってしまいますよね。

「この服装でもいいのかな?」
「この写真で書類選考に通るのかな?」

などのように、いろいろと疑問や不安を持っているという方もいらっしゃることでしょう。

実際、書類選考をするときには履歴書の写真は採用面接官からすれば第一印象にもなってしまう大切なアピールポイントの1つでもありますので、不適切な写真を使ってしまうとそれが悪影響を与えてしまうこともあります。

そこで今回は、転職するときの履歴書の写真の服装や注意点など、いろいろと気になるポイントを詳しくご紹介していきます。

これから転職を考えている方はもちろん、書類選考がなかなか通過しないという方も、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

転職するときの履歴書の写真の服装について

まず、一番初めに気になるのが『服装』ですよね。

私服でもいいのか、それともスーツの方が良いのか迷うところでもあります。

服装1つで印象も大きく変わるのはもちろんですが、採用担当者の方は、実はそんな写真1つでも常識を持っている人かどうかを判断しているのです。

そう考えるときに、普段着の写真とスーツでの写真で送ってきた人がそれぞれいた場合、あなたならどちらの印象が良くなりますか?

当然ですが、スーツを着ている写真の方が、「ルールを守ってくれそう、常識や熱意を感じる」といった評価になりますよね。

 

採用担当者も一人の人間ですから、このように見た目で判断するところは大きいのです。

そのため、もし仮に面接に呼ばれたときの服装が普段着OKの企業だったとしても、履歴書の写真はスーツを着用して撮影するのがおすすめです。

 

服装選びに迷ったときには

転職用の履歴書写真は基本的にスーツで間違いありません

これは、男性でも女性でもになります。

スーツというのは、その写真から「清潔感」を感じることができますし、何よりも社会人としてマナーがある人であるということを相手に伝えるにも最適です。

普段着では、そのようなことをアピールすることができません。

 

なにより、スーツで写真を撮影していることで、さまざまな企業への履歴書に使いまわしができるというメリットもあります。

いくら普段着OKという企業があっても、すべてが普段着OKというわけではありませんからね。

そのたびに写真を取り直すのは時間もお金も無駄にするだけですから、応用がしやすいスーツというのが最善です。

 

服装での注意点とは

スーツを着ていればなんでもいいという考えではせっかくの評価も下げてしまうことになりかねません。

スーツは基本として、以下のポイントについてもしっかりと注意することも大切です。

●スーツのサイズ感は緩すぎたりタイトすぎたりしない、ピッタリなスーツを着用する

●女性の場合は、インナーは胸元が開きすぎていたりするとNG。鎖骨部分が少し見えるかどうかくらいにしておく。

●ネクタイが曲がっているのはNG

●ジャケットのボタンの中心をしっかりとまっすぐに揃える

スーツを着ていてもだらしない部分が多いとマイナスのイメージを与えてしまうことになりかねませんよね。

そこで、スーツのサイズやシワ、ネクタイなどをしっかりとキレイにしてから写真を撮るようにしましょう。

ちなみに、ジャケットやネクタイの色についてはとくに問題ではありませんが、色にはそれぞれイメージ力というものがありますから、あなたが写真を通して伝えたいことがある色を選ぶのも1つの方法です。

 

転職用の履歴書写真の基本

転職用の履歴書写真の基本的なルールについても念のためにチェックしておきましょう。

  • 写真のサイズは横3㎝×縦4㎝
  • 写真は3カ月以内に撮影していること
  • 履歴書に写真を貼る前に裏面に名前を書く
  • 写真は必ず正面から
  • カラー写真を使う
  • 歯は見えないようにする
  • 前髪は目にかからないこと
  • 写真の背景は、白や薄いグレー・青になっている
  • スーツを着用し、ネクタイもまっすぐきれいに
  • 髪型や色は、最適な長さで色は黒が無難
  • 過去に使ったことのある写真の再利用はNG

いろいろとありますが、履歴書の写真1枚で評価を少しでも下げたくない!という方は、しっかりとこれらのことには気を付けるようにしましょう。

履歴書の中身もしっかりと見てもらうためにも、写真から不採用となる理由を与えないようにすることも大切なポイントです。

 

写真のサイズについて

履歴書の写真は、3㎝×4㎝の長方形型になりますので、このサイズに合わせて撮影をするようにしましょう。

また、写真の有効期限は3カ月以内に撮ったカラー写真になるのですが、もしその期間内であっても、髪型や体型などが大きく変化している場合は、別人だと思われてしまう可能性もありますから撮りなおしをすることも大切です。

 

履歴書用写真の背景色の選び方

写真の背景色なんてどれでもいいのでは?と考える方もいるかもしれませんが、できればスーツに色などに合わせた最適な背景色を選びたいところです。

例えばですが、スーツの色が以下の場合

●ライトグレーなら青
●黒や紺なら、白や薄いグレー

というように選ぶのがおすすめです。

 

また、手軽に写真撮影ができる写真機などもいろいろなところに設置されているので利用される方も多いと思いますが、中には背景色で赤などを選べることもありますが、これは派手すぎてしまうので選ばない方が賢明です。

 

写真の裏面には

履歴書に写真を貼る前に、あなたの名前をフルネームで書くことも社会人としての大切なマナーとなります。

企業は、あなた以外にもたくさんの応募書類を取り扱うことになりますので、ときには写真が剥がれてしまうこともあります。

そんなとき、もし名前が書かれていないと誰なのかさっぱりわかりませんよね。

写真が貼っていない履歴書といえばそうなのかもしれませんが、万が一のときのために名前をしっかりと書いていれば、書類を取り扱う方の手間を減らすこともできますので、しっかりと記名するようにしましょう。

 

髪型にも注意しよう

履歴書用の写真を撮影する場合には、髪型についてもチェックしておきましょう。

面接と同じで、清潔感を感じられ、かつ顔がハッキリと見えるような髪型にすることが重要です。

これは、男性や女性にも共通していて、おでこを出したり片方だけでも眉毛を出すくらいがベストです。

 

また、髪の色についてですが黒が一番ですが茶髪も明るすぎなければ問題ではないでしょう。

ただし、あなたが応募しようとしている業種や職種によっては黒一択ということもあります

履歴書を出すときには、髪型と色もしっかりと整えてから撮影することがおすすめです。

 

履歴書をメールで送付する場合には

今はネット社会でどんどんITが進んできていますので、企業の中には「履歴書をメールで添付して送ってください」と指定されることも増えてきましたよね。

そんなときでも、もちろん写真を付けることは大切です。

ですが、写真付きの履歴書をメールで送るとはいってもやり方がよく分からないという方もいることでしょう。

そこでおすすめの方法としては、以下の2つの方法があります。

●ネット上で履歴書を作成して、写真データも添付する

●写真付きの履歴書をスキャンしてデータとしてパソコンに取り込む

こうすることでメールで添付することができるようになります。

 

まとめ

今回は、転職用の履歴書写真についての基本や注意点についてまとめてきましたが、いかがでしたか?

服装や髪形ひとつでも、印象をガラッと変えることができます。

何より、書類選考ではあなたが直接採用担当者に合うわけではありませんので、そのかわりに評価される写真が第一印象になるといっても過言ではありません。

 

採用担当者といっても人間ですから印象が良い人を採用したくなってしまいますからね。

写真はもちろん、その後の履歴書の中身まで見てもらえるように、清潔感のある魅力的な写真を撮影しておきましょう!