12月の転職活動がおすすめな理由とは?今だからこそのメリット

就職・転職・仕事探しコラム

少しでも良い条件で転職できる時期っていつなのかな?
12月から転職活動ってした方がいいの?早くない?

転職活動を始めようと思ったとき、12月というのは

なかなか踏み出しにくいですし、中には年明けの1月になってから動こうとしてる方も多いでしょう。

 

ですが、年明けからの活動では遅いのです!

会社側も、面接や書類選考をするために人と時間というコストを支払うことになるので、当然ですが企業としてはコストはできるだけ少なく済ませたいと考えがちです。

すると、多くの会社ではどのように考えると思いますか?

「新卒の採用といっしょに行ってしまえば効率がいいじゃん!」

このように考えます。

そこでこのページでは、12月の転職活動がおすすめな理由について詳しく解説していきます。

転職しようか悩んでる方も、ぜひお役立てください。

 

 

12月の転職活動がおすすめな理由とは

それではさっそく、12月から転職活動を始めることがおすすめな理由やメリットについて解説していきます。

 

12月から転職活動がおすすめな3つの理由

理由1:企業側の採用意欲が高まる時期

1年を通しても12月というのは穴場の求人数が増えやすい傾向にあります。

なぜ12月に募集を出す会社が多いのかというと、決済月という企業が多いという理由もあります。

常に募集を出しているような企業は別として、基本的に多くの企業では税金の対策のために、その年中の採用に使った費用(経費)は、同じ年の中で盛り込んでしまいたいと考えるところが多いのです。

 

さらに、冬のボーナスを受け取って退職する人も多いですから、12月は人手不足になる傾向も強いです。

人手不足のまま新年を迎えるというのは企業にとってもあまり望ましいことではありません。

あまり長引くと、新卒と重なってしまうので教育が行き届かなくなる可能性もあります。

このようにいろいろな理由が重なる時期が12月ですので、企業側の採用意欲は他の時期と比べても高い会社が多いです。

 

理由2:春入社に向けての準備ができる

転職活動は、始めればすぐに新しい職場が見つかると思っていませんか?

すぐに見つけることができる人がいるというのも確かなことですが、そういったレアなケースを当てにしていると後で後悔することになるかもしれません。

 

そして、転職活動は始める前に準備することも色々とあるのです。

 

☑自己分析

☑業界の動向

☑応募企業の調査

☑必要書類の作成(履歴書や職務経歴書)

他にもありますが、大切な4つの項目はあなたはいつから始めるつもりでしょうか?

「応募したい求人を見つけてからでいいんじゃないの?」

なんてのんびり構えてたりしませんか?

ハッキリ言ってそれでは全然遅いです!

 

とくに、自己分析やあなたが希望する業界の動向調査などは転職活動を始める前に行っておくべきです。

【あわせて読みたい!】

>>転職活動の準備とは?具体的な準備期間や内容と知っておきたいポイントとは

 

詳しくは上記ページでいろいろと細かく解説していますが、条件にもよりますが準備期間は1~3か月という期間は見ておいた方が良いでしょう。

それだけ細かく調べる必要があるということです。

すると、3月~4月の就職に向けてしっかりと準備することができるのです。

 

理由3:ライバルが少ない

12月は企業からすると採用意欲が高まる時期の1つですが、ライバルは他の季節に比べると少ないです。

これは、ボーナスを受け取って会社を辞めている人も年内はゆっくり休んで年明けから仕事探しを始めてみようと考える人が多いからです。

そのため、うまく準備ができていればそれこそスムーズに就職することも可能です。

12月は転職活動をする人もいますが、多くは年明けから働きたいと考えてる人が多いですから、「少しでも早く働きたい」「すぐにでも働きだすことができる」ということをアピールすることで、面接官へもアピールすることができます。

 

転職活動を12月にするメリット・デメリット

次に、12月に転職活動を行うことのメリットとデメリットについてもご紹介します。

メリット
●企業の採用意欲が高い

●春入社に向けてしっかり準備ができる

●12月はライバルも活動意欲が低い

●求人が多い

●冬ボーナス後に退職した枠に応募できる

メリットについては、先ほどお伝えしたおすすめした理由と同じです。

とくにボーナス後の退職した人の空いた社員枠に応募できるので、正社員として探してる人におすすめです。

12月中は活動はしていても、クリスマスや年末年始が控えていますので、そこまで積極的に活動してる人が少ないというのも大きなメリットです。

 

デメリット
●2~3月などピーク時に比べると求人数が少ない。

●経験者を求める求人が多く未経験者向けは少ない

求人はあるものの、ピーク時と比べると少ないです。

また、12月中は先ほどもお伝えしたように社員が何らかの理由で辞めてしまった枠で募集を出している企業が多いです。

そのため、未経験の業界への転職は少し難しいと言わざるをえません。

 

求人数は少ないですが今からしっかりと準備をしておくことで、年明けから求人が増えてきたときにもしっかり対応していくことができるというのも、12月から活動・行動することのメリットになります。

 

転職エージェントの利用もおすすめ

良くも悪くも12月に転職活動を始めるのなら転職エージェントの利用も検討してみましょう。

転職エージェントでは無料で求人の紹介から自己分析、書類添削、面接対策などのサポートを行ってくれるほか、非公開求人もたくさん保有しているので純粋に応募できる求人数を増やすことができるというメリットがあります。

準備するのも何から始めたらよいのかわからないという方は、プロのサポートを利用することで4月入社に向けてしっかりと対策していくこともおすすめです。

>>就職・転職支援サービスのおすすめサイトを比較

 

まとめ

12月の転職活動といっても準備をすることも色々とありますので、理想的には3~4月入社を目指していくのがおすすめです。

今から行えば準備もしっかりとできますので、ライバルが増える年明けには有利に活動しやすくなります。

 

また、一人では何をすればいいのかわからないという方は転職エージェントも利用していくのもオススメです。

対策はもちろんですが、非公開求人や最新の情報などを入手することができるというのが大きな強みです。

転職しようか迷っているという人も、登録していろいろと話しを聞くことで、もしかしたら今の職場にとどまったほうが良いかもと気が付くかもしれません。

転職活動は、どの時期に始めるにしても時間がかかるものです。

悩んでる時間があるのであれば、まずは1か所でもいいので転職エージェントに登録するという行動から始めてみましょう。

 

おすすめ転職エージェント

doda

求人数が多く、全国に支店を持っているので、地方にお住まいの方でも利用しやすいのが特徴!

口コミ評判もよく、どこに登録するべきか悩んだときには最初に抑えておきたいエージェントです。

▼公式サイトはこちら▼

>>DODA(デューダ)の安全性と危険性・評判 まとめ

 

レバテックキャリア

エンジニアでの転職でイチ押しなうえに、将来的にフリーランスを目指したいという人まで徹底サポートしてくれます。

書類添削から模擬面接なども丁寧にしっかりと時間をかけて行ってくれるというのも魅力です。

▼公式サイトはこちら▼

>>レバテックキャリアの特徴

 

DTM就職

34歳までの方を対象にした転職エージェントで、就職率96%、離職率3%という高い実績があります。

しかも、フリーターやニートから正社員への実績も多数あるので、とにかく正社員になりたいという方におすすめです。

▼公式サイトはこちら▼

>>DYM就職の安全性と危険性・口コミ評判 まとめ

 

ワークポート

担当が熱心な方が多いことで定評のある転職エージェントです。

もともとがIT専門だったので、今もIT業界の求人が多いですが、現在は総合系エージェントになっているのでいろいろな案件を取り扱っています。

▼公式サイトはこちら▼

>>ワークポートの評判と口コミ