5月の転職活動は厳しい!?5月に始めるメリット・デメリットとは

就職・転職・仕事探しコラム

5月は、4月から新しく始まったプロジェクトや組織、移動などもあるので「転職」を意識される方が増える季節でもあります。

また、入社したばかりの新社会人がゴールデンウイークなどで友人に会うことで、自分の給与や少なかったり、過酷な現状という認識をしたりしても転職活動を考え始める方が多いようです。

 

ですが、そこで気になるのが「5月は転職活動を始めるのに良いタイミングなの?」ということではないでしょうか?

そこで今回は、5月の転職活動は厳しいのか、メリットはもちろんデメリットも交えながら詳しく解説していきます

どうしようか悩んでいるという方も、是非ご覧ください。

 

5月の転職市場について

転職活動を始めるときに必ずチェックしておきたいのが「転職市場の動向」です。

あなたが求める職種や業種の企業が採用を活発に行っていなければ、活動時期は長引いてしまう可能性もあるので、もしすでに退職してしまっていると無職の期間を伸ばしてあなたの経歴に傷をつけてしまうことにもなりかねません。

無職の期間が長いほど、面接時に採用担当者からの審査の目も厳しくなってしまいますので、どれだけ早く転職を成功させることができるのか?ということが大切になるのです。

 

5月の転職市場の傾向

求人は4月をピークに5月は年間で見ても求人は少ない時期ということは認識しておきましょう。

とは言え、4月に入社したばかりの新入社員が1カ月ほどで辞めてしまうというケースもありますので、掛けてしまった人員を募集するために、5月に求人の募集を出すというケースはよくあります。

そのため、ハローワークや求人サイト、転職エージェントなどに求人募集を出す企業もありますので、まったくないということはまずありえません。

 

5月の転職活動のデメリット

5月に転職活動を始めて、もしスムーズに内定をもらえて就職することができたとしても、4月の時点で新人研修が過ぎてしまっていますので、研修を受けることができません。

また、新体制でプロジェクトがスタートしているということもあり、この時期に求人募集を出す企業の多くは「即戦力」となる人材を求めるケースが多いです。

そのため、未経験の業界での仕事探しをする場合は、あなたが思っているような求人を見つけることができない可能性もあります。

 

即戦力というのが、時期に関係なく募集を出している企業もありますので、もしより条件が良い企業への転職を考えているのであれば、以下のことも心掛けることが大切です。

●求人の内容から企業が求めるニーズを把握する

●戦力になれるように資格を取得する

このようなことをしておくことも、転職活動を有利に、そしてスムーズに進めることができる方法になります。

 

5月に転職活動をするメリット

デメリットについては分かったけど、やっぱりメリットについても知っておきたいですよね。

ここからは、5月に行う転職活動にはどのようなメリットがあるのかについてもチェックしていきましょう。

 

ライバルが少なく選考も通過しやすい

転職活動を始めるタイミングでとくに多いのは、ボーナスを受け取った後の7~9月が多くなる傾向にあります。

そのため、年間を通してみると5月というのは求人が少ないので不利に感じるかもしれませんが、そのかわりに求職者自体もあまりいませんので、このタイミングで始めることで、応募したときにもライバルが少なく、書類選考や面接の通過率も高まるといったメリットがります。

 

もちろん必ず通過できるというわけではないので、しっかりとした準備と対策をする必要があるものの、ライバルが少ないからこそ、チャンスを存分に活かすことができるので、積極的に応募していきましょう!

 

穴場の求人が出る可能性もある

一般的に3月に決済を終える企業が多いのですが、この決済の後から求人を出す企業も最近は増えてきました。

そのため、4月~5月にかけて新人を募集するという企業の中には、他の時期では見つけることができない企業の広告を見つけることができる可能性もあります。

また、この考え方の企業であれば「未経験可」という求人も出てきますので、新しい分野にチャレンジしたい人は、しっかり最新の求人情報をチェックする癖をつけましょう。

 

このような穴場の求人情報を逃さないためには、あなたが希望する企業や業界の年間の動きを把握しておくことが大切です。

なにより、応募したい企業について調べておくことができれば、志望動機なども事前に考えておくことができるので、転職活動では有利に進めることができるのです。

 

面倒に感じるかもしれませんが、こういった基本的な下調べをすることが転職活動の期間を短くしたり、希望する企業に就職するためには大切なことです。

今よりもあなたの将来を見据えて行動をしていくようにすることで、5月という転職活動のメリットを十二分に活かすことができるのです

 

入社までの期間が短いケースもある

転職活動をする求職者が少ないということは、採用担当者も選考や面接を行う時間が短いので、採用までの期間が短くなる可能性も高いです。

そのため、応募した場合は入社した場合のことを想定して、事前に入社準備も進めていくようにしましょう。

 

準備とは、在職中の方であれば、今このなっている仕事の引継ぎ作業などがありますし、応募した企業の業務内容なども事前に調べておくこともできます。

とくに「急募!」という条件で募集を出している企業は、面接まで進めたら「いつから働けますか?」といわれることも多いですから、転職活動をしながらもしっかり準備も同時に進めるようにしましょう。

 

転職エージェントも活用してより確実に!

転職活動は、個人で行っているとどうしても視野が限られてしまうので、あなたが気が付かないうちに好条件の求人の募集が終わっている可能性もあります。

また、ほぼすべての業界で求人が少ない時期でもありますので、少しでも応募できる求人を増やすためにも、非公開求人などを持っている転職エージェントを利用することもおすすめです。

 

転職エージェントなら、書類選考や面接対策などもサポートしてくれますので、あなた一人で仕事を探すよりもより確実に転職活動を進めていくことができるでしょう。

登録から入社まで完全無料で利用することができますし、仮に就職先を見つけることができなかったとしても罰金など金銭を請求されるようなこともありませんので、気軽に利用してみましょう。

※転職エージェントのおすすめはこのページの最後でご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

5月に転職活動をするときの注意点

ここまでは、メリットやデメリットについて解説してきましたが、5月という時期ならではの注意点というのもいくつかあります。

もちろん5月に限った話ではなく、すべての時期に言えることになるのですが、しっかりと注意点も知ることで転職を成功させやすくなりますので、こちらもしっかりとチェックしていきましょう。

 

ゴールデンウイークという連休に要注意!

5月に転職活動を始めるのなら、必ず意識しておきたいのがGW(ゴールデンウイーク)です。

社会人にとっては貴重な大型連休の1つなのですが、企業によって休業となるタイミングがずれているケースもありますので、しっかりと希望する企業の情報は確認しておくようにしましょう。

 

また、連休前と後は仕事が溜まることで忙しくなる可能性もあります。

その場合は、書類選考や面接までの時間も長くかかったりする可能性もありますし、応募したときは連休中だったということもあります。

連休があるために思ったように転職活動ができないという人も少なくありませんので、しっかりと計画を立てることが大切です。

 

退職の準備もしておく

先ほども少しお話の中で触れたのですが、5月というタイミングは企業も「急募」で人材募集をしているケースも少なくありません。

その場合、応募から入社までが早まる可能性も十分ありますので、在職中の場合は退職の準備もしっかり行いましょう。

 

幸い、5月というタイミングは、新体制がスタートしたばかりですから引き継ぎ作業もしやすいですから、退職するという意味ではよいタイミングでもあります。

円満退職をするためにも、しっかりと引き継ぎなどは行ってから退職するような段取りをしておきましょう。

 

転職活動をすることの利点

「4月に入社した企業がブラック企業かもしれない、転職しようか迷ってる」と感じている人も、すぐに辞めるのではなく働きながら一度転職活動をしてみましょう。

転職活動というのは、いろいろと調べたりすることも多いですから、あなたのキャリアの見直しや、転職市場での自分自身の価値を知る機会にもなります。

 

もしかしたら、今の職場は世の中から見ればよい条件だったというケースもありますからね。

実際に、私の職場では一度辞めた人が再入社してくるという人もいたほどです。

 

いざ働きだしてみると、職場の中だけで自分にとって都合が良いのか悪いのかを判断してしまうために、転職に失敗をしてしまう人が多いです。

そのため、今のあなたの立ち位置がどのような状態なのかを知るために、あえて転職活動を始めてみるというのもおすすめです

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

5月という時期は、メリットもいろいろとありますが、当然デメリットもあるため転職活動を始めるのなら、それなりの計画も必要になってきます。

 

求人数は年間を通しても少ない時期ですし、ゴールデンウイークなどで書類選考などが止まってしまう可能性もあるので、思ったように活動ができない時期ですので、のんびりと構えているとあっという間に時間だけが過ぎ去ってしまいますよ。

とはいえ、5月というのは転職活動をするうえではライバルも少なく、穴場の求人が出る可能性も高まりますので、求人誌やサイト・ハローワーク・転職エージェントなどをフル活用しながら有利に進めていくようにしましょう。

 

おすすめの転職エージェントサービスはこれ!

DODA

DODAは国内最大級の転職エージェントで、130,000件以上もの求人を保有しています。

さらに一般公開されてる求人がおよそ6万件以上ということですから半数以上が非公開求人と、世の中には出回らない穴場の求人になっているのが特徴です。

職種や業種も幅広く対応しているうえに、圧倒的な求人数で全国47都道府県にも対応しているため、どんな方でも使いやすい転職エージェントになります。

▼こちらから「DODA」公式ページへ▼

DODAの安全性や危険性・評判

 

リクルートエージェント

リクルートグループが運営する国内最大級の転職エージェントの1つです。

保有している求人の約9割が非公開求人となっているため、こちらを利用することでより応募できる企業を増やすことが可能となります。

DODAと同じく、47都道府県に対応していますが、その中でもリクルートエージェントが得意としてるエリアは「首都圏・関西・東海」のエリアです。

これらのエリアで転職を考えている方にはとくにおすすめです。

転職成功実績No,1という、無料の転職エージェントですので利用するメリットは非常に大きいでしょう。

▼こちらから「リクルートエージェント」公式ページへ▼

リクルートエージェントの安全性や危険性・評判

 

Tech Stars Agent

「Tech Stars Agent」は、IT/WEB、ゲーム業界の転職をしたい人に人気のエージェントサービスです。

それぞれの業界に特化したプロのキャリアアドバイザーが、あなたの転職活動を完全無料でサポートしてくれます。

求人対応エリアは、IT企業が多い首都圏のみですが、IT系に特化した転職エージェントの中では人気が高く、ここだけの独占求人なども保有しているので登録して損をすることはありません。

また、年収割合を見ても601~800万円台の求人が多いですから、IT系での転職を考えている人は年収アップという可能性もありますので、ぜひ参考にしてください。

▼こちらから「Tech Stars Agent」公式ページへ

Tech Stars Agentの特徴や強み

転職エージェントは、複数利用することもできますし、たくさん登録したからといってペナルティがあるわけでもありません。

むしろ、それぞれが独占や非公開求人を持っているので、2~3サービスを使い分けることで、より効率よく転職活動ができるようになるので、賢く使っていきましょう。